上祐史浩はなぜあんなに若いのか!? 「年齢より10歳若く見える」上祐流アンチエイジングの極意暴露!(インタビュー)

上祐史浩はなぜあんなに若いのか!? 「年齢より10歳若く見える」上祐流アンチエイジングの極意暴露!(インタビュー)の画像3
上祐史浩氏

上祐  はい。慢性的なストレスは、医学的に見ても老化の原因となる活性酸素を増やし、老化を早めます。ストレスの管理、心のリセットは、アンチエイジングには非常に重要な要素です。最近の心理学の研究では「老いこそ気から」という理論があります。40歳位になって、新しいことに手がつかず、いろいろな意味で若い時のようなやる気がなくなってくると、頭も体も使わなくなって老化が始まるという理論です。そして、このやる気を削いでしまう原因こそ、過度な慢性的なストレスなのです。

 そして、これは悪循環をもたらします。体が老化すると、気持ちの切り替えを行う前頭葉も衰え、ますます切り替えができなくなり、老人性鬱と言われるように精神状態も悪化し、さらにストレスが増えます。これは、体を鍛えなくなると、身も心も弱る一方となるのと似ています。程度の差こそあれ、加齢とともに全ての人に起こっている。アンチエイジングにとって、心のコントロールやストレス管理が必要だと思います。

――なるほど。心身一如ということですね。

上祐  ヨーガの本来の意味は、体操ではなく、心のコントロールです。仏教の禅・禅定も、瞑想による心の安定という意味です。何かの神仏を信じる仏教やヨーガ流派もありますが、ヨーガ・仏教の本来の目的は、心の制御・安定。現代風に言えば、ストレス管理だと思います。

 具体的な実践法を少し言えば、まず換気や整理整頓などで家の環境を整え、血流を妨げない服装を纏い、体操によって筋肉をほぐして血流を改善するとともに姿勢を整え(瞑想座法)、一定規則の呼吸や発声法(マントラ発声)によって心を安定させます。時には聖地巡りをし、歩行瞑想もします。環境と体の使い方が、心の安定に大きく関係するからです。その上で、心の安定にさらに役立つ仏教・ヨーガの思想・世界観を学び、そこから瞑想という精神的な実践に入っていきます。

上祐史浩はなぜあんなに若いのか!? 「年齢より10歳若く見える」上祐流アンチエイジングの極意暴露!(インタビュー)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで