【緊急警告】相次ぐ「異臭騒ぎ」はガチで巨大地震の前兆だ!! 月と連動、少しずつ北上… 過去データで発覚、最恐にヤバい事態!

 今年6月上旬から、神奈川県の三浦半島や横浜市で「異臭がする」という通報が消防や警察に相次いでいる。今月に入ってからも断続的に続いているが、この異臭の発生に筆者は「規則性」を見出した。それは異臭の発生日が「月齢」と同期しているということだ。さらに、首都直下地震などの天災と関連している疑いもあるため、じっくりと検討したい。

【緊急警告】相次ぐ「異臭騒ぎ」はガチで巨大地震の前兆だ!! 月と連動、少しずつ北上… 過去データで発覚、最恐にヤバい事態!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

■10月に入っても続く謎の異臭

 報道によると、異臭は7月17日、8月21日、9月19日、10月1日、10月3日……と最近毎月のように発生している。「ガス臭い」「ゴムが焼けたような」「硫黄のような」「シンナーのような」と表現しており、ガス漏れを心配して通報したというケースも多いようだ。すでに東京ガスが調査を行っているが、ガス漏れなどの異常はまったく確認されていない。

 9月になり神奈川県横須賀市、三浦市のほか、各警察署や第三管区海上保安本部などが「三浦半島南東部沿岸域での異臭に係る関係機関情報交換会」を立ち上げ、本格的な調査に乗り出した。だが現時点では、まだ調査結果は公表されていない。

■月齢と関係していた

【緊急警告】相次ぐ「異臭騒ぎ」はガチで巨大地震の前兆だ!! 月と連動、少しずつ北上… 過去データで発覚、最恐にヤバい事態!の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 では、この異臭事件が起きるタイミングには、何らかの法則があるのだろうか? そのような観点で筆者が調べてみたところ、これらの日時が「月齢」と関係がありそうだということに気づいた。以下に、現在までに異臭の報告があった日時・地域・報告件数をまとめる。

1. 6月4日20:10~22:00頃:満月-2
横須賀市東部、横須賀市東部(約200件)、同北部(約80件)、三浦市(約30件)、計約500件

2. 7月17日10:40~11:10頃:新月-4
横須賀市東部を中心に約10件

3. 8月21日8:40~9:15頃:新月+2
横須賀市東部を中心に30件以上

4. 9月19日9:00~10:00頃:新月+2
横須賀市北東部・中心部で約10件

5. 10月1日 18:20~20:00頃:満月-1
横浜市(中区、港南区、戸塚区)と横須賀市東部で約10件

6. 10月3日 17:00~夜:満月+1
横浜市(中区・神奈川区・港北区)で約20件

 このように、いずれも満月か新月の前後数日のうちに発生していたのだ。7月17日は新月の4日前と多少間が空いているが、それ以外は満月・新月の前後2日以内に発生していた。

 では、なぜ月齢に同期して異臭が発生するのだろうか? 筆者は以前から、地震の発生と満月・新月といった月齢には大いに関係があると考えてきたが、近年になって、やっと科学の世界でも注目されつつある。そうなると、一連の異臭騒ぎも地震との関係という観点から検討する必要があるのではないだろうか? ネット上で騒がれているように、「大地震の前兆」である可能性も考慮する必要がありそうだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ