「日本のガチUFO画像5選」宇宙現象観測所CEOが本物保証付きで公開! 世界の研究者が認めたUFO観測機「SID-1」の真価発揮!

★「宇宙現象観測所(Space Phenomena Observatory Center、SPOC)」) の所長兼CEO、北島弘氏がトカナに特別寄稿! 「自動観測撮影装置ロボットSID-1」が捉えたUFOについて語り尽くす!★

「日本のガチUFO画像5選」宇宙現象観測所CEOが本物保証付きで公開! 世界の研究者が認めたUFO観測機「SID-1」の真価発揮!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 筆者のUFO追跡にかける情熱やこれまでの経緯を語らせていただいた前編に続き、後編では、意図的な画像加工や修正、CG合成や見間違いが有り得ない、自動撮影装置の「SID-1」の全貌についてご紹介しよう。

■自動観測撮影ロボット「SID-1」

 筆者が製作した世界最先端のUFO自動観測撮影ロボットSID-1は、以下のような要素から構成されている。

・ 自動観測撮影ロボットSID-1ソフトウェア群及び画像処理
・ 画像解析ソフトウェア群
・ 天文観測ソフト
・ 航空機モニター
・ 気象観測データ
・ 画像検索ソフトなどその他多くのソフトウェア
・ 複数の高感度特殊カメラ
・ 複数台の高速PC及び高速大容量ストレージ

 これらを頑丈なスーツケースに格納した可搬式簡易版は、国内のみならず世界各国(すでに6カ国で観測実施)へ持ち運び可能となっている。だが、どこで撮影しようと最も重要なのがSID-1の設置場所だ。できるだけ周りに障害物の無い、視界が広けた場所が必要だ。現在、東京湾岸地区と横浜みなとみらいの某湾岸超高層タワー上部に設置されている。以下が構成図である。

「日本のガチUFO画像5選」宇宙現象観測所CEOが本物保証付きで公開! 世界の研究者が認めたUFO観測機「SID-1」の真価発揮!の画像2
宇宙現象自動観測ロボットSID-1のイメージ図

■宇宙現象観測所センター(SPOC)の画像解析

 画像解析の際、昨今は高度な加工編集が誰でも安易にできることにまず留意しなければならない。やはり直感や経験に頼らない、宇宙現象観測所センター(SPOC)の提供する高度な写真・画像分析能力がますます重要になってくるだろう。以下の過去記事と動画で、どういうものがUFOと間違いやすいか簡単に説明しているため、ぜひ目を通していただきたい。

・ 【永久保存版】そのUFOは本物か偽物か「完璧な見分け方」を伝授!! 宇宙現象観測所の所長が“陥りがちな罠”を徹底解説

 画像の真偽を調べる技術は欧米で飛躍的に進んできているが、これらの技術の元となっているのは、コンピュータを使用した高度な画像処理及び分析技術、具体的には米国の科学捜査分野の技術である。そして、この技術は日本でも“ある有名な論文詐欺事件”をきっかけに、学術論文における画像加工の痕跡を見つけるツールとして応用されている。宇宙現象観測所センター(SPOC)は、同様の解析ツール群を日本で初めてUFO画像を分析するために用いている点において画期的なのだ。

「日本のガチUFO画像5選」宇宙現象観測所CEOが本物保証付きで公開! 世界の研究者が認めたUFO観測機「SID-1」の真価発揮!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで