“誰がどう見ても本気でヤバい”最恐の心霊写真を独占入手! 「ガリガリの女の霊が…」霊能者らが緊急解説!

誰がどう見ても本気でヤバい最恐の心霊写真を独占入手! 「ガリガリの女の霊が…」霊能者らが緊急解説!の画像3

「岩肌の部分にガリガリの女性の霊が見えますが、やはり手がありません。切り取られたのかもしれません。だから、手が欲しいのかも。どうやら、(霊は)小泉さんと関係があるようです。そして、他の人の手のあたりには顔も見えますが、こういった写真は頻繁に撮られます。

 あと岩の中には宇宙人も見えますね。宇宙人は素粒子の集まりですから、中には化石になっているものもあるのです。それから、宇宙人の乗り物とは円盤だけではなく、微惑星や宇宙のチリもありますから。

 黒い服の男性の腕が消えていているのは、この岩の女性とは関係ないでしょう。このような心霊写真の場合、悪霊ではなく『将来的に身体のこの部位の怪我に気をつけてね』というアドバイスであるケースも多いです」(すずきじゅん氏)

 さらに、霊能力が強く四柱推命・タロット占い師の遠井香芳里氏は次のように分析する。

「霊が数体、列になって横を通っているんだと思います。霊が横を通っている最中に写真を撮ってしまったので、霊と被った腕が消えたのかと。ここには5〜6体ほどの霊が見えますが、そのうちの2人つがお2人の腕に偶然被ってしまった感じでしょう」(遠井香芳里氏)

誰がどう見ても本気でヤバい最恐の心霊写真を独占入手! 「ガリガリの女の霊が…」霊能者らが緊急解説!の画像4
遠井香芳里氏

 いずれにしても、それほど悪いものではないという分析は共通しているようでなによりだ。

 この日、一行が足を運んだという諏訪大社は日本最大のパワースポットの一つとされ、全国2万社を越える諏訪神社の総本社だ。近辺の諏訪湖では、頻繁に霊やUFOの目撃例もあるので、この日たまたま写り込んでしまったという可能性はありそうだ。99%の霊は悪霊ではなく、ただそこにいるだけのエネルギー体だが、パワースポットではそういった三次元以上(高次)の存在が写真や映像として具現化されやすくなる。

 非日常的な心霊体験に出会いたいのか、それともエネルギーをもらいに行くのか、当事者の目的意識によって「心霊スポット」にも「パワースポット」にもなり得るということだろう。


●小泉ポロン氏 所属事務所「ウィッチステーション」公式サイト
http://witch-magic.com/

●しながわてれび放送
http://usotv.com/sinagawa/

●遠井香芳里氏 フェイスブック
https://facebook.com/kaori.toi.9

文=深月ユリア

 

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに』(明窓出版)大好評発売中!

★動物福祉のためのクラウドファンディング実施中!
https://readyfor.jp/projects/60508

深月ユリアの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

“誰がどう見ても本気でヤバい”最恐の心霊写真を独占入手! 「ガリガリの女の霊が…」霊能者らが緊急解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル