新型コロナ、3.11など大地震・事件が的中! 伝説の「未来予報士」オオタ☆ヒロユキインタビュー「12月のパンデミックは…」

 未来予報士・オオタ☆ヒロユキ氏は、星の配置から未来を読み解く占星術師である。

 オオタ氏はこれまでに東日本大震災、首里城の火災(主に日にち)といった数々の自然災害や事件を的中させてきたのはもちろんのこと、政治経済や芸能関係、さらには競馬に宝くじなど、ありとあらゆる分野で予言を見事に的中させてきた。

 そのきめ細かい分析と的確な予言力により、これまでに1万人以上の人を鑑定をしてきたという。

 そんなオオタ氏は、ブログ「五芒星館~(東日本大震災的中の占い師)」にて毎日、予言ブログを更新している。アメブロランキングの占い・スピリチュアル部門では、常に上位をキープしているというトップ占いブロガーだ。

 占い・スピリチュアル界隈では知る人ぞ知る占い師のオオタ氏だが、これまでメディアへの露出を控えていたため、世間一般にはその名をあまり知られていなかった。しかし、文明の転換期となった今、多くの人々が不安をかかえる混沌とした時代だからこそ、的確な未来予言ができるオオタ氏の出番が来たのである。

 このたび、人類を救う未来予言を伝えるべくメディア活動を開始するオオタ氏を祝して、トカナではインタビューを行った。インタビュアーは予言研究家の白神じゅりこが担当する。インタビューは全2回に渡ってお届け、今回は第1回目である。

 今、未来予報士・オオタ☆ヒロユキ氏の秘密のベールが明かされる。

◆地震予知の先駆者 東日本大震災の日付を予言的中!  

――本日はお忙しいなか、インタビューを快諾いただき、ありがとうございます。オオタ先生は、2000年から占いを始められたそうですね。

オオタ☆ヒロユキ氏(以下、オオタ)  はい、2000年から占星術師として個人鑑定を行ってきました。けれど、相談者の運勢や相性などを占っているうちに、星の配置がこの世のさまざまな事象に影響を及ぼしていることに気づいたのです。やがて、自身の占いをより一層オリジナリティのあるものにしたいと考えた時、予想をしてみようと思いました。ただ、占い師のテキストはあっても予想のテキストはないので、自分でノウハウを編み出して予言を始めたのです。

 世の中にあるさまざまな事象の中で、最初は地震との親和性が高かったので、地震予想から始めました。すると、私の予想が的中し始めたのです。

 それから予想を本格的にやろうと思って、2006年頃から「大地震・大事故」が起こりやすい日の予想をブログに書き始めましたが、それらが的中していったことで徐々に話題になっていきました。

 特に、2008年6月14日、岩手宮城内陸地震(M7.2)の予想を的中させたことで『女性セブン』などのメディアに取り上げていただきました。当時は私以外、誰も地震予知をしている人がいなかったので、ものすごい反響だったのです。

――2011年3月11日の東日本大震災の予言も的中されたんですね。

オオタ はい。私のブログのコメント欄に証拠も残っています。2011年の1月に、「今年はいつ地震がありますか?」という質問に対して、私は「3月13日頃」と返事をしています。この予言でいっそう注目されるようになりました。

※証拠コメント:https://kaoruha777.at.webry.info/201101/article_14.html#comment

――ほぼピンポイントの日付で見事に当てられていますね。すごいです。

オオタ 東日本大震災をきっかけに、世間的に地震予知への関心が高まりました。その後、私以外にも地震予知をする方が随分と増えましたね。なので、2011年以降に地震予知を開始された方のなかには、私のブログから予想方法のヒントを得て始めている方もいると感じています。

新型コロナ、3.11など大地震・事件が的中! 伝説の「未来予報士」オオタ☆ヒロユキインタビュー「12月のパンデミックは…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで