2021年「ブラックスワン」の仮想通貨予言とは!? ついにビットコインが経済の中心に… 世界政治も激変、軍拡競争も!

2021年「ブラックスワン」の仮想通貨予言とは!? ついにビットコインが経済の中心に… 世界政治も激変、軍拡競争も!の画像2
画像は「Unsplash」より

●予測2:2022年は「プルトノミクス(1%の最富裕層プルトクラートが、底辺の95%の合計よりも多い富を所有する格差社会)」の加速、ビットコインを代表とした仮想通貨の金融システムへの浸透が加速することになる。

 多くの世界経済がすでにマイナス金利政策(NIRP)を採用しており、米国も同様にマイナス金利となるであろうことが予想される。これは米国の技術変革を急がせ、一方、社会的係争を悪化させるであろう。

 現在、銀行や世界の金融機関が通貨を転送するために使用しているSWIFTメッセージングシステムより、ビットコインをはじめとした仮想通貨の速度と効率が優れている。仮想通貨経済とそれに付随する仮想通貨銀行は、銀行システムとインターネット双方の最終的変革を加速させるであろう。

 それは2022年2月に始まり、その後10年間に及ぶ「仮想通貨時代」の始まりとなる。

●予測3:中国は2022年2月に、デジタル人民元を発表する。

●予測4:次の世界的な革命は、国家からお金を分離し解放する試みになる。

 仮想通貨とブロックチェーンの解放技術の台頭により、次の世界的な政治革命は、国家からお金を分離して解放する試みになるであろう。

●予測5:ハイテク金権政治は、国単位の貨幣を解放したい人々と衝突し、仮想通貨を統合し、制御しようと試みる。

 ビットコインやその他の初期の仮想通貨は、政府機関だけに依存しているわけではない。とはいえ、これらのビットコインをはじめとする暗号通貨は、歴史上最大の中央集権化を可能にする。仮想通貨が、利害関係者または国家によって制御された場合、危険な新しい仮想通貨権威主義を解き放つ可能性がある。

 多くの新しい技術革新が科学の前分野で日々、発表されている。その中でも、特に量子コンピューティングは、コンピューターの処理能力を桁違いに向上させ、各超大国が世界の覇権を主張しようとする際、計算的な「軍拡競争」を始める手助けとなるだろう。

2021年「ブラックスワン」の仮想通貨予言とは!? ついにビットコインが経済の中心に… 世界政治も激変、軍拡競争も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル