まるでチンチンを見せつけている変態!? 名古屋の「桃太郎神社」を村田らむが取材!

関連キーワード:

,

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とするルポライター村田らむが寄稿!

 名古屋で講演をする機会があった。

 名古屋駅近くのホテルで一泊して、翌日犬山市に足を運ぶことにした。

 犬山市に行くのは、実に小学生以来である。犬山市は、明治村、日本モンキーパーク、木曽川と、名古屋の小学生が遠足や社会科見学で行きがちな地域である。

 ちなみに他には、トヨタの工場や、岡崎市の八丁味噌工場にも行く。林間学校は中津川だ(昭和47年生まれのジジイ情報。現在は知らない)。

 目的地は前々から気になっていた、桃太郎神社に決めた。

 早朝に電車に乗り、犬山遊園駅で降りる。駅前にタクシーが停まっていたらつかまえようと思ったが、残念ながら一台も停まっていなかった。

 しかたなく、歩いて行くことにする。

 地図を見ると、木曽川沿いにずっと歩いていけば良いようだ。木曽川が流れる様子をしばし眺めた後、進んでいく。

 思ったよりも山道だった。

 進むとどんどん鬱蒼としてくる。『落石注意』の看板はあるし、途中から歩道はなくなる。こんな山道だから自動車はほとんど通らないだろうと思っていたが、しかし裏道にでもなっているのか思った以上にビュンビュン車が通り過ぎる。

 車種はトラックが多く、スピードも早い。向こうも歩道もない山道をテクテクと歩いているバカがいるとは想定していないようで、ギリギリのところを避けてブワー!! っと走っていく。

「こ、これは高確率で死ぬな」

 とヒリヒリする。精神をすり減らしながら歩いていると『桃太郎公園 桃太郎神社』という看板が出てきた。

 公園に到着するしばらく前に『不老滝公園』というのがあった。滝に撃たれると健康で長生きすると伝えられる滝だ。黒い板に、白いペンキで『不老の滝です。』と書いてあった。雨に溶けて、とても不吉な雰囲気になっている。

 ボロボロで座ったら祟られそうなコンクリート製の椅子があったので、しばらく座って休憩した。こじんまりとしているが、きれいな滝だった。

 こんな地味な観光地だが、ちょくちょく人が来ていた。ただ冬の滝は寒そうで、浴びたら不老どころか心臓がキュッとなって死ぬんだろうなと思う。

まるでチンチンを見せつけている変態!? 名古屋の「桃太郎神社」を村田らむが取材!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル