旅客機の下に9機のUFO!!! 「UFOは自分たちが見られていることに気づいていた!」台湾

画像は「UFO Sightings Daily」より

 旅客機から撮影された驚愕のUFO映像が発見された。

 2014年に世界最大のUFO研究組織「MUFON(The Mutual UFO Network)」に投稿されていた映像を、この度、世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏が発掘。その衝撃を全世界に報じたのである。

 撮影者の説明によると、2014年10月16日午前5時ごろ、この映像はカナダ・バンクーバーから台湾・台北市へ向かうエバー航空の旅客機内から撮影された。台湾の北東、着陸まで30分の地点で出現したという。

 映像にはオーブのような明るい球体がいくつも映っている。ウェアリング氏によると9機数えられるが、携帯のカメラの範囲外にはその3倍の機体がいたはずだという。

「みんな、これは素晴らしい。フー・ファイターです! 9機見えますが、おそらくその3倍はあります。これはフー・ファイター艦隊のほんの一部に過ぎません。フルスクリーンモードで見ると、飛行機の翼の後ろからオーブが出てくるところが確認できます。これにより、これらオーブが窓の外に飛んでいる物体であり、読書灯の反射ではないことは100%証明されます」(ウェアリング氏)

画像は「UFO Sightings Daily」より

「しかし、本当に私がびっくりしたのは、ビデオの最後にあることです。2つの白い球体が隠れるために雲の中に移動するのが見えます。UFOは自分たちが見られていることに気づいていました! エイリアンのコンピューターシステムは、データをスキャンするだけでなく、テレパシーデータをスキャンする能力も持っています。つまり、私たちの思考の一部、特に畏敬の念、愛、恐怖などの強力なものを感知することができるということです」(同)

 一体、彼らは台湾の近くで何をしていたのだろうか? それは分からないが、このオーブ艦隊は台湾から近い日本にも来ているかもしれない。飛行機の窓かから何か不思議なものが見えたら、ぜひ映像に収め、トカナ編集部に送ってほしい!

参考:「UFO Sightings Daily」、「MUFON」。ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

旅客機の下に9機のUFO!!! 「UFOは自分たちが見られていることに気づいていた!」台湾のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル