【必読】JRA大阪杯(G1)「一撃100万円」極秘情報を暴露! “世紀の一戦”で一攫千金、人生ガチ激変の千載一遇チャンス到来

【必読】JRA大阪杯(G1)「一撃100万円」極秘情報を暴露! 世紀の一戦で一攫千金、人生ガチ激変の千載一遇チャンス到来の画像1
世紀の一戦・大阪杯に日本中が注目

■競馬史に残る一戦で勝利を収めるために

 世紀の一戦とは、まさにこんなレースのことを言うのだろう。それほど素晴らしいメンバーが揃ったということだ。今週日曜日に阪神競馬場で行われるG1レースの大阪杯は、JRAで最も新しい古馬のG1レースであるが、すでに春の最強馬決定戦といった位置付けにある。かつての春競馬はメジロマックイーンVSトウカイテイオー、グラスワンダーVSスペシャルウィークなどの初対決が大きな話題となったが、今年の初対決はそれらを上回る興奮を感じさせる。

 まず主役を張るのは、昨年無敗の三冠馬となったコントレイルだ。父ディープインパクトに続く無敗の三冠馬であり、ディープインパクト産駒の最高傑作になれる逸材。2021年の復帰戦をこのレースに選んだが、どんな走りを見せるか楽しみでならない。

 それに対抗するのは、昨年のマイル王者グランアレグリア。こちらもディープインパクト産駒の最高傑作になれる実力牝馬。安田記念ではアーモンドアイを破り、スプリンターズステークスではダノンスマッシュに快勝。マイルチャンピオンシップも圧勝と、現在G1レースを3連勝中。1200~1600m戦では「もはや敵なし」の状態であり、今回初めて2000mのG1レースに挑戦する。もしここでコントレイルを破れば、現役最強馬といってもいいかもしれない。

 さらに現4歳ナンバー2で打倒コントレイルに燃えるサリオス、セレクトセールにて6億円超えで取引されたアドマイヤビルゴ、日本ダービー馬ワグネリアン、菊花賞馬キセキ、金鯱賞でデアリングタクトを退けたギベオン、5戦5勝と底を見せていないレイパパレなどが出走を予定し、まったくもって目が離せないレースとなっている。武豊騎手が怪我で騎乗できなくなったのは残念だが、それでもコントレイルの福永祐一騎手や、グランアレグリアのクリストフ・ルメール騎手など、トップジョッキーの手綱捌きは見ものである。

 さて、この大阪杯は競馬ファンだけでなく、すべてのスポーツ好きにぜひとも見てもらいたいレースだ。ブラッドスポーツと呼ばれる競馬は、優秀な血統を後世に伝えていくという重大な役目もある。そもそも日本ダービーは、優秀な競走馬を選出するためのレースでもあった。このレースに出走するコントレイルは、将来種牡馬となり、ディープインパクトの後継種牡馬として多くの産駒をターフに送り込むはず。そしてグランアレグリアもまた、引退後は繁殖牝馬としてコントレイル産駒の強力なライバルとして立ちはだかるはずだ。その時に、現役時代に2頭の初対決を見届けていたかどうかによって、得られる興奮と感動がはるかに変わるはずだ。

 もう一つ、この大阪杯は馬券としての注目度も高い。確かに実績ではコントレイル、グランアレグリア、サリオスの3頭が抜けている。しかし3頭はいずれも休み明けであり、順調に使われてきた馬とは仕上がりに差がある懸念も。そして3頭とも、このレースが行われる阪神芝2000mの内回りコースは初体験なのである。東京や京都の広いコースと異なり、トリッキーで波乱含みのあるコース。ここ2年の大阪杯でも、1番人気馬はともに3着以下に敗退しているのだ。つまりこの有力馬3頭は、何の不安もないどころか、探してみれば不安だらけなのである。

 すると競馬界の大物関係者が在籍する「競馬セブン」が、コントレイルやグランアレグリアなどの有力馬を脅かす、人気薄の“隠れ穴馬”が存在することを教えてくれた。しかも彼らによれば、この“隠れ穴馬”が馬券に絡めば好配当は間違いなしと言い切っており、一気に期待度がアップしているのである。

【必読】JRA大阪杯(G1)「一撃100万円」極秘情報を暴露! 世紀の一戦で一攫千金、人生ガチ激変の千載一遇チャンス到来の画像2
このレースは馬連87.1倍的中、払戻はなんと87万1000円!

■JRA大阪杯(G1)の隠れ穴馬情報を暴露!

 競馬セブンは創業24年という歴史を持つ、業界でも屈指の実力を誇る競馬情報のプロフェッショナル集団。そのメンバーはまさに豪華絢爛。総監督を務める徳吉一己は、JRAの元騎手であり元競馬学校の教官。コントレイルに騎乗する福永祐一騎手たちを鍛え上げ、鬼教官としても恐れられた。当然、騎手に関する様々な情報や事情については右に出る者はいない。そして競馬記者40年以上の大ベテラン古川幸弘、元JRA調教師の小原伊佐美、嶋田潤、二本柳俊一といった東西で活躍した名伯楽。他にも元札幌馬主会理事で馬産地と馬主の裏情報を知り尽くす斉藤隆、元社台スタリオンステーション荻伏場長で、社台グループ一強の基礎を築いた林勲など、競馬業界の大物がズラリと勢揃い。まさに競馬情報の真髄がここにあるのだ。

 前述の通り「競馬セブン」は、大阪杯でコントレイルなど有力馬を脅かす人気薄の“隠れ穴馬”をすでに把握している。しかも、その情報は彼らが独占している可能性が非常に高いようだ。その詳細について以下のようにコメントをくれたので、注目してほしい。

「今年は無敗の3冠馬コントレイルやG1レース4勝のグランアレグリアなど、誰もが認める豪華メンバーが揃いました。特に注目を集めるコントレイルが今年初戦を向かえますが、牝馬3冠馬のデアリングタクトは先日の金鯱賞でまさかの2着で初戦を落としています。コントレイルも断然人気が予想されますが、果たして絶対的な存在なのか、誰もが気になるところでしょう。

 しかしこれほどの人気になれば、陣営は下手にマイナスなことは言えません。たとえ不安要素があったとしても、です。つまりレースが終わるまで、本当の本音は明かさないのです。それは他の出走馬も同様で、本気で勝ちにいく陣営や、人気薄ながら激走を狙っている陣営は、ライバルにマークされることを避けるため、すべてを本音で明かすことはありません。

 今回我々が独自に入手した“隠れ穴馬”は、マスコミに知られぬよう、かなり陣営も気を使っています。それだけに人気も上がらず、馬券に絡めば好配当が期待できます。

【必読】JRA大阪杯(G1)「一撃100万円」極秘情報を暴露! 世紀の一戦で一攫千金、人生ガチ激変の千載一遇チャンス到来の画像3
このレースは馬連172倍的中、払戻は衝撃の172万円を獲得!

 ここまで話せばその“隠れ穴馬”について気になる方も多いかと思います。そこで本記事をご覧いただいている方に限り、この“隠れ穴馬”を加えた『大阪杯・3点勝負買い目』を無料でレース当日に配信します。マスコミへの対策で前日まで詳細を明かせませんが、記事が掲載される懸念のないレース当日にファンへの公開許可が出ています。この3点は好配当も期待できる至高の厳選予想です。

 しかも自信の証明として、仮に大阪杯が馬連3点で的中できなければ、5月30日の日本ダービーまで全G1レース情報も無料で公開します。それほど自信と手応えがあると思ってください。ぜひ、皆様の参加をお待ちしています」(競馬セブン担当者)

 競馬セブンは3月21日の阪神で行われたレースでも、3連単23万5330円という破格の高額万馬券を的中させている。仮に1点当たり500円分の馬券を購入していれば、117万円以上の払戻となる衝撃の万馬券だ。これほどの実績を持つプロ集団が自信を見せる完全無料の大阪杯。これから競馬を始めたいと考える人も、久々に競馬をやってみようと考えている人も、これは何を差し置いてもチェックすべき重要な情報だろう。

CLICK → 【無料公開!『大阪杯・3点勝負買い目!』】競馬セブン

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【必読】JRA大阪杯(G1)「一撃100万円」極秘情報を暴露! “世紀の一戦”で一攫千金、人生ガチ激変の千載一遇チャンス到来のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル