取り壊し直前の松山・道後温泉遊郭「旧・朝日楼」に潜入! “超能力者”の元住人がヤバすぎる暴露「遊女の帯を煎じて飲むと…」

取り壊し直前の松山・道後温泉遊郭「旧・朝日楼」に潜入! 超能力者の元住人がヤバすぎる暴露「遊女の帯を煎じて飲むと…」の画像1

 松山・道後温泉のシンボルになっている道後温泉本館の裏手に、色町の面影を残した街並みが広がっている。

 この界隈は、昭和33年まで道後・松ヶ枝町遊廓として栄えていた。だらだらとした坂道を登りきったところには「旧・朝日楼」という大きな遊郭廃墟があった。通りに面して格子状の枠が設けられ、遊びに来た男たちは、そこから中の様子を窺っていた。最盛期には、40名ほどの遊女が働いていたという。解体されたのは、平成19年のことだった。

 筆者は解体される前の旧・朝日楼を見ることができた。400平方メートルあまりの土地に建てられた建物の内部は、時間が止まったかのように当時の姿をとどめていた。台所の近くには、氷で冷却する旧式冷蔵庫が置かれたままになっており、井戸も生きていた。また、2階の部屋には年代物の鏡台が残されていた。支度部屋だったのだろう。

取り壊し直前の松山・道後温泉遊郭「旧・朝日楼」に潜入! 超能力者の元住人がヤバすぎる暴露「遊女の帯を煎じて飲むと…」の画像2

 解体の数年前まで、この建物には人が住んでいた。60代くらいの男性で、いつも屈みながら歩いていた。近所では「超霊能力者」と呼ばれていて、口コミでやって来た人に“治療”を施していた。一度だけ、この男性と話をすることができた。

「私は、ここに来て30年以上になります。松山の街も変わりましたね。この辺には、遊郭として使っていた建物がいっぱいありましたが、その多くは取り壊されてしまいました。私は、もう年なので普通に働くことはできません。皆さんが言うように心霊治療のようなことをして食べています。喘息や神経痛、めまいや肩こり、首こりなんかを治せます。何と言いますか、ちょっとした病気のほとんどは、霊的なものが多いですね。ヘンなところに入って当てられてしまったというようなものですね。そういうのは、治りますよ。たまに遊女の持っていた帯を使うこともあります。よく効きますね。細かく切ってから煎じて飲ませています」

取り壊し直前の松山・道後温泉遊郭「旧・朝日楼」に潜入! 超能力者の元住人がヤバすぎる暴露「遊女の帯を煎じて飲むと…」の画像3

 この男性は、いくつかの帯を見せてくれた。使われなくなってから長い年月が経っているので、綺麗とは言えなかったが、赤や緑の糸を使って丁寧に編まれた帯が何本かあった。おそらく遊女が使っていたものだろう。1本欲しかったので「売ってくれませんか?」と言うと、「あなた、さすがに商売道具を売るわけにはいけませんよ(笑)」などと言われてしまった。

 昭和初期、松ヶ枝町遊廓には100人を超える遊女がいた。昭和32年に売春防止法が施行されると、それから1年くらいして遊女の姿は消えてしまった。8月の暑い日、再びこの地を訪れた。カクテル光線を浴びて暗闇に浮かび上がる遊郭跡を見ていると、往時の賑わいが蘇ってくるような気がした。

取り壊し直前の松山・道後温泉遊郭「旧・朝日楼」に潜入! 超能力者の元住人がヤバすぎる暴露「遊女の帯を煎じて飲むと…」の画像4

文・写真=小倉門司太郎

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

取り壊し直前の松山・道後温泉遊郭「旧・朝日楼」に潜入! “超能力者”の元住人がヤバすぎる暴露「遊女の帯を煎じて飲むと…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル