【実録】もしもコックリさんが止まらなくなったら…! 20年後に襲いかかる恐怖とは!?

――巫女の家系に生まれた霊能ライター「田口ゆう」が暴露!

 コックリさんは漢字で書くと「狐狗狸さん」――諸説あるが、19世紀後半に欧米で流行った「テーブル・ターニング(table turning)」が由来だと言われている。日本では19世紀末から流行り始めた。伊豆・下田の外国人船員が、ウィジャボード(Ouija board:降霊術に使われていた文字盤)で遊んでいるのを日本人が真似たことが始まりだという説がある。

【実録】もしもコックリさんが止まらなくなったら…! 20年後に襲いかかる恐怖とは!?の画像1

 

 当時は心霊現象と考えられていたが、今では『予期意向(あらかじめ回答を予期する方向にコインを動かしてしまう)』と『不覚筋動(筋肉が無意識に動くこと)』の2つから生じる現象だと説明される(井上円了説)。しかし、筆者は今でも忘れられない出来事のゆえに、やはり「コックリさん(狐狗狸さん)」は危険な降霊術だと考えている。

 日本に持ち込まれたウィジャボードは、狐の霊を呼び出す降霊術として流行し「コックリさん(狐狗狸さん)」と名前を変えた。「はい、いいえ」「鳥居」「男、女」「0から9までの数字」「五十音表」を書いた紙を机の上に置いて、その紙の上に十円玉(硬貨なら何でもよい)を置き、皆で人差し指を添える降霊術を、読者も一度はしたことがあるのではないか。筆者が小学生のころは「コックリさん、コックリさん、教えてください」と呼びかける方法が流行った。なお「コックリさん」が「エンジェルさん」に変更されるなど、他のバリエーションも存在する。

 小学校時代より霊感体質だった私は、交通事故で亡くなった同級生の霊を交差点でみて、怖くて立ちすくむような経験もあった。そして高学年の頃、いつもの仲良しメンバーで「コックリさん(狐狗狸さん)」を行った。占う内容は、その年代の女の子らしく、片思いの男子が自分を好きかどうか。普通、机の上でするものだが、当時は質問の内容を誰にも知られたくなくて、夕暮れの公園のベンチの上でやるのが定番だった。

【実録】もしもコックリさんが止まらなくなったら…! 20年後に襲いかかる恐怖とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル