「た・す・け・て」金縛り現象、タイ人の解釈とは? 金縛り=ピーアムの意味に驚愕!

関連キーワード:

,

,

,

,

Shutterstock.com


――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの深い、妖怪、幽霊、怪談、呪術、占い、迷信といったものに光をあて、日本人の目には触れることが少なかったタイの怪奇世界に皆様をお連れします。

■保健室に行けない生徒続出 金縛りをもたらす怪談

「学校の怪談」は日本でもお約束のテーマであることは、過去に紹介したとおり。筆者はタイ、バンコクで高校生に日本語を教えることを本業としている。校内では「チアリーダーの霊」という金縛りにまつわる怪談が先輩から後輩へと代々語り継がれている。

 本校では毎年11月に運動会を開催し、数ある競技の中「チアリーディング合戦」は一番の花形種目となっている。チアリーディングは10名前後のチーム編成で行う団体競技で、シンクロした振り付けや随所に飛び出すアクロバットな動きが大きな見せ場。運動会当日を目指して数カ月も前から練習を始める生徒たちの姿からは、本番にかける意気込みがひしひしと伝わってくる。

 しかし、ある日、練習中に悲惨な事故が起きた。Aさんがチームメイトらと見せ場である「リフティング(※著者は具体的な技内容を追記)」の練習をしていた。連日のハードな練習の疲れのせいか、Aさんはバランスを崩してコンクリートの地面に落下してしまった。チームメイトは呻くAさんを急いで保健室に運んだが、そのまま彼女はベッドの上で亡くなってしまったのだ。

 その後しばらくしてから、保健室に関するある噂が生徒の間で囁かれはじめた。

 ある日、Bさんが授業中に貧血を起こし、友達に付き添われながら保健室にやってきたときのこと。保健の先生に勧められるまま、彼女はベッドで休んでいた。2つ並ぶベッドのうち右側を選び、目を閉じて横になっていたのだ。

 どれくらい時間が経っただろうか。ふと自分の身体の異変に気がついた。起き上がろうとしても、身体が動かない。これがいわゆる金縛りなのかなと焦っていると、誰もいないはず隣のベッドに人の気配を感じる。さらに、今度はかすかな声が聞こえ始めた。焦りが恐怖に変わるや否や、その声が動けない自分に近づいてくるではないか。そして、その声はついに耳元までやってきて、はっきりとこう告げた。

「た・す・け・て」

「きゃー!!!」

 Bさんは自分の叫び声で目を覚まして飛び起きた。夢だったのかとおそるおそる隣に視線を移しても、そこには相変わらず空のベッドがあるだけだった。

Shutterstock.com

 これが本校に伝わる「チアリーダーの霊」という金縛りにまつわる怪談である。真偽のほどは定かでないが、事実として、私のクラスでも授業中に体調を崩したにもかかわらず、この怪談を恐れて保健室に行こうとしない生徒が何人もいたことは付け加えておこう。

「た・す・け・て」金縛り現象、タイ人の解釈とは? 金縛り=ピーアムの意味に驚愕!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル