水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけ

 エイリアンの拠点になっているという点において、ある意味では火星よりも疑惑に包まれた水星だが、つい先日もNASAのアーカイブ画像で水星の地表にあるエイリアン基地が特定されて話題だ。


■幅45km、高さ10kmの超巨大エイリアン基地

 地球外文明の存在が囁かれている水星だが、NASAの探査機が撮影した水星の地表の画像を詳しくチェックしたところ、これまでもエイリアンの基地らしき構造物がいくつも発見されてきた。

 そして今回、台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏がNASAのアーカイブ画像の中から、水星にあるエイリアン基地をまた1つ特定している。

水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけの画像1
「UFO Sightings Daily」の記事より

「今日、NASAのアーカイブを調べていると、構造物が写り込んでいる古い写真を見つけました。写真は水星の地表のもので、そこにはいくつかの興味深い点が見られます。細部、形状、色が非常に際立っているそれはクレーターの中心にあり、人間がエイリアンの惑星に基地を作るのと同じように、多くの直角を描いています」(ウェアリング氏)

 一帯にはいくつかの構造物があるが、一番目立つのがクレーターの中心にある“基地”だ。

水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけの画像2
「UFO Sightings Daily」の記事より

「構造物は小さく見えると思いますが、実際はそうではありません。それが位置するクレーターは、直径50kmもあるのです! そのことから、構造物は幅20km、高さ4kmに達します。なんて大きいんでしょうか! 測定値の算出方法は簡単です。このクレーターに最も近いクレーターは「アジェットクレーター」(Atget crater)であり、科学者によると直径100kmです。(比較するのに)これは非常に役立ちました」(ウェアリング氏)

 一辺が20kmもあるという巨大施設がクレーターの中にあるとすれば驚くばかりだ。

「他にもたくさんの建造物があり、そのうちの1つは巨大で青い結晶の形をしていて、幅45km、高さ10kmと見積もっています! 見逃さないでくだい。それは本当に、場違いであるかのように際立っているのです」

水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけの画像3
「UFO Sightings Daily」の記事より

 青白く輝く立方体の構造物は、水星の巨大エイリアン基地ということになるのだろうか。これほど大きな施設ということは、UFOを格納するなど特定の用途で作られたものかもしれない。

「これは、エイリアンが現在水星に住んでいることの100%の証拠です、そして私たちがうまくアプローチできれば、彼らはそれらを人類と共有してくれるかもしれません」(ウェアリング氏)

 水星に拠点を構えるエイリアンと人類が基地を共有できる未来が来るのだとすれば、実に夢が広がる話である。

水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけの画像4
「UFO Sightings Daily」の記事より

■地中奥深くの“さらに大きな地底基地”に通じているのか?

 ウェアリング氏は、昨年にも水星地表の画像からエイリアンの構造物を発見しており、トカナでも紹介した。その時に発見したのは、四角くくり抜かれた巨大な“出入口”である。

水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけの画像5
「Express」の記事より

 太陽に最も近い惑星である水星の地表は摂氏430度を超えるといわれ、その大気も毒性が高く生物にとっては過酷すぎる環境であることから、NASAは水星に生命が存在する可能性はまずないとの見解を表明している。

 しかし、ウェアリング氏が指摘するように、水星の地中深くであれば生命の生存に適した環境が得られるのかもしれない。そこで水星にはこうした“出入口”がいくつも存在しているというのである。そうであれば、今回発見した“基地”も地中奥深くに隠れた「さらに大きな地底基地」に通じていることになる。

水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけの画像6
「Express」の記事より

 水星探査をめぐっては、2018年にJAXAとESA(欧州宇宙機関)が共同で打ち上げた水星探査機「みお」が現在、水星を目指して航行中である。地球スイングバイから、金星スイングバイ、水星スイングバイを経て、2025年12月に水星を回る軌道に入る予定だ。

「みお」によってどんな発見がもたらされるのか今から楽しみだが、もしも水星にエイリアン基地があった場合、さまざまな不測の事態も考えられるだろう。ともあれ今後さらに詳細が明らかになる水星に引き続き注目してきたい。

参考:「UFO Sightings Daily」、「Express」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

水星で「巨大エイリアン基地」が発見される! 明らかに直線的な建造物… 識者が共同利用を呼びかけのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル