【前世記憶】アンネ・フランクの生まれ変わりバーブロ・カーレンが本人すぎ! 親戚も公認、衝撃の一致多数

 驚くべきことに歴史上の人物の「生まれ変わり」といわれる人々がいる。その中でもスウェーデンの作家バーブロ・カーレンは、なんとあのアンネ・フランクの生まれ変わりであると目されている衝撃的な“前世記憶”を持つ人物なのである。

■天才文学少女はアンネ・フランクの生まれ変わりだった!?

 前世で体験した出来事を語る人々がいる。故人でなければ知り得ない記憶を話し、関連する人物やイベントとの整合性もある――その驚くべき話が人々の注目を集めることになる。とはいえ、前世記憶が名も無い故人のものであったならば、周囲はそのことをあまり取り沙汰しないだろう。

 だが、今回紹介するのは、きわめて興味深い事例だ。スウェーデンの天才文学少女は自分がアンネ・フランクの生まれ変わりであることに気づき、その前世記憶はどうやら本物であるといわれているのだ。

【前世記憶】アンネ・フランクの生まれ変わりバーブロ・カーレンが本人すぎ!  親戚も公認、衝撃の一致多数の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 1954年5月24日、スウェーデンのクリスチャンの両親の間にバーブロ・カーレンという名前の女の子が生まれた。幼い頃から悪夢に悩まされていて、真夜中に悲鳴を上げて目を覚ますという手のかかる子どもであった。

 3歳の時にバーブロは自分の本当の名前はアンだと言い張って両親を驚かせた。最初は何かに影響された気まぐれのようにも思えたのだが、娘の主張はいたって真剣であることが明らかになった。自分は両親の本当の子どもではなく、フルネームは「アンネ・フランク」であると断言したのである。

 当時、スウェーデンではまだアンネ・フランクのことはあまり知られておらず、オランダ語のオリジナルの『アンネの日記(後ろの家)』の翻訳版はドイツ語、フランス語、英語、日本語とまだわずかで、今日のように全世界的に知られてはいなかったのである。そうしたことから両親もバーブロ本人もアンネと『アンネの日記』のことを知る由もなかった。

【前世記憶】アンネ・フランクの生まれ変わりバーブロ・カーレンが本人すぎ!  親戚も公認、衝撃の一致多数の画像2
アンネ・フランク 画像は「Wikipedia」より

 両親を悩ませるバーブロであったが、この歳になってもまだ悪夢を見続けていて、その内容は制服を着た男がドアを蹴っている光景であった。

 両親はバーブロを精神科医に診てもらったが、その診断は「いくつかの軽いメンタルの問題を抱えている普通の少女である」というものだった。つまり、彼女が今後成長するにつれて自然に解決される問題であろうと見なしていたのだ。

 興味深いことにバーブロは、12歳の時点で天才文学少女として数々の詩を書き上げて高い評価を獲ていた。特に『Man on Earth』といタイトルの詩篇はとても子どもの手によるものとは思えない傑作で、当時のスウェーデンで最も人気のある書籍の1つになったのである。この詩篇はシリーズ化され、第9巻まで続くものになった。

 そして、その少し後、バーブロはついにアンネ・フランクと『アンネの日記』を知り、自らが歴史上の人物として不幸にも15歳で亡くなった少女の生まれ変わりであると確信。ショックを受けることになる。つまり、彼女の“前世記憶”とはアンネの体験であったと理解したのだ。

■アンネ・フランクの家で詳細な“前世記憶”がよみがえる

 休暇中の両親がバーブロをヨーロッパ旅行へ連れて行った時のことだ。アムステルダムに到着すると、事態は少し不穏な様相を見せはじめた。

 一行は観光スポットにもなっている「アンネ・フランクの家」を訪れることにしたのだが、これまで一度もアムステルダムに来たことがないバーブロが道案内役を買って出ると、入り組んだ路地を迷うことなく通り抜け、いとも簡単に目的地に到着したのである。今は博物館になっているアンネ・フランクの家は、アンネの家族がナチスの迫害から逃れるため隠れ家として住んでいた家であり、かの有名な『アンネの日記』は、屋根裏の部屋でが書かれたものだ。

【前世記憶】アンネ・フランクの生まれ変わりバーブロ・カーレンが本人すぎ!  親戚も公認、衝撃の一致多数の画像3
「アンネ・フランクの家」 「Mysterious Universe」の記事より

 アンネ・フランクの家に到着したバーブロは、驚いたことに家の周囲が以前はどんな様子であったのか、そしてアンネの部屋にどんな写真が飾ってあったかについて話したのだった。たとえば、アンネ・フランクの家に以前は外階段などなかったとバーブロが指摘したが、実際その外階段はアンネが住んでいた頃にはなかったという。

 このバーブロの事例を含む“生まれ変わり”について探究したウォルター・センキフ氏の著作『Born Again』 によれば、この時のアンネ・フランクの家への訪問で、他にいくつもの奇妙なことが起こったという。

 家に入るとバーブロは突然体調を崩して冷や汗をかき、呼吸が荒くなり、それでも家の奥へと進みアンネが使っていた小さな部屋に入ると、嘘のように元気を取り戻したのだという。そして、部屋の壁を見て「ほら、映画スターの写真はまだそこにある!」と叫んだのだ。アンネが好きだった映画スターのポスターが、壁のその部分に貼られているというのである。

 しかし、壁にはポスターも絵も何もなかった。当惑した両親は館内のガイドにもともと何か貼られていなかったか尋ねてみると、確かにそこには写真が飾られており、盗難や破壊を恐れて一時的に撤去しているのだとの説明を受けたのである。

 アンネ・フランクの家を訪問した際に起きたこうした出来事によって、両親はバーブロがアンネ・フランクの生まれ変わりであることを認めざるを得なくなったのだった。

 しかし、皮肉なことに、この時期からバーブロの“前世記憶”は失われはじめ曖昧になってきたという。これには当人も危機感を感じ、自伝である『And the Wolves Howled 』を執筆し、アンネ・フランクであった頃の“前世記憶”を忘れてしまう前にできる限り思い出して書き留めたのである。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

【前世記憶】アンネ・フランクの生まれ変わりバーブロ・カーレンが本人すぎ! 親戚も公認、衝撃の一致多数のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル