【前世記憶】2歳児が突然「硫黄島で死んだ米兵の記憶」を語り始め…! あのカール・セーガンも”生まれ変わりはある”と認定した前世の実例!

 米国の天文学者で作家としても高名なカール・セーガン(1934~1996)は、オカルトには全般的に懐疑的であったものの、テレパシーや生まれ変わりについては「実験的支持が得られ」、「真実だという可能性がある」と評している。生まれ変わりの科学的研究は現在も続いており、非常に驚くべき実例も複数発見されている。その一つがジェームズ・ライニンガーという米国の男の子のケースである。

【前世記憶】2歳児が突然「硫黄島で死んだ米兵の記憶」を語り始め…! あのカール・セーガンも生まれ変わりはあると認定した実例!の画像1
ジェームズ・ライニンガー。画像は「Psy Encyclopedia」より引用

 ジェームズは1998年4月10日、米サンフランシスコで生まれた。父ブルースは会社員、母アンドレアは元プロダンサーの主婦だった。まもなく一家は米ルイジアナ州ラファイエットに移住、その地で幼いジェームズは不思議な話をし始めた。

 ジェームズが2歳になる少し前のこと。父親に連れられてダラスの航空博物館に行ったジェームズは、第二次世界大戦当時の飛行機に釘付けとなったという。よほど気に入ったのだろうと母が後日、プロペラ機のおもちゃを与えたところ、ジェームズはその一部を指差して、「ママ、これはドロップタンク(増槽。外付けの燃料タンク)だよ」と言ったという。

 それからしばらくして、2歳になったジェームズは毎夜悪夢にうなされるようになっていた。彼は悲鳴を上げて空中に足を蹴り上げ、「飛行機が墜落する! 飛行機が燃えている! 小さな男は出られない!」と叫んだ。心配した両親がどんな夢を見たのか尋ねると、ジェームズは「日本人に飛行機が撃墜された」と答えた。

 時間が経つに連れ、ジェームズの証言はさらに詳細なものになっていった。撃墜されたの自分はやはり「ジェームズ」という名前のアメリカ人で、「コルセア」という飛行機に乗って「ナトマ」という「ボート」から飛び立ったという。さらに、「ジェームズ」には「ジャック・ラーセン」というパイロット仲間がいて、硫黄島の近くで撃墜されたと話した。ジェームズはおもちゃの飛行機を振り回して家具にぶつけてプロペラを壊したり、爆弾や銃弾が飛び交う日本対アメリカの空中線の様子を絵に書いたりするようになった。

 父ブルースは息子の話をデタラメだと思い、それを証明するために調査をし始めた。だが、調べ始めるとすぐに「コルセア」が第二次世界大戦時の米軍の飛行機であること、USSナトマ・ベイという空母が実在して硫黄島への攻撃作戦に加わっていたことがわかった。そして、USSナトマ・ベイにジャック・ラーセンという名のパイロットが搭乗していたことも判明、さらには硫黄島の作戦で「ジェームズ・マックレディ・ヒューストン・ジュニア」という戦死者がいたこともわかったのだ。

人気連載
タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

■2021年11月29日~12月5日「今週の不幸を回避し...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【前世記憶】2歳児が突然「硫黄島で死んだ米兵の記憶」を語り始め…! あのカール・セーガンも”生まれ変わりはある”と認定した前世の実例!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル