宇宙人が「人間の種」を他惑星に撒いている!? ヒマラヤ地下で“銀河間連合”の極秘事業に協力した男

 宇宙文明、銀河系文明について驚くべき真実が公にされる日は近いのだろうか。フランス人の“コンタクティー”が、かつて参加した先進文明のプロジェクトについて語った話が再び注目を集めているようだ。銀河を管理する高度な地球外先進文明は、我々人間の“種”を宇宙に撒こうと企てているというのである。

■フランスの農場で起きた第三種接近遭遇

 我々人類を管理する“スーパーバイザー”は存在するのか。もし存在するならば、それは世間一般には隠されていることになる。しかし、真実が公にされる日はもうすぐそこまできているということかもしれない。

 オルタナティブメディア「ExoPolitics.org」を主宰するマイケル・サラ博士は、フランス人コンタクティーであるロベール・L氏の話に耳を傾けるべきであると主張している。ロベール氏の話では、この宇宙には地球などの惑星の生命を管理する文明があり、地球は非常に高度な地球外文明の監督下にあることが示されているのである。

 ロベール氏から話を詳しく聞いた有名なフランスのUFO研究者ジョージ・メッツ氏が自著『Ovnis en France: Les enquetes de Georges Metz(フランスのUFO:ジョージ・メッツの調査)』(2011年刊)の中で、この件を紹介している。しかし同著は残念ながら英語に翻訳されておらず、多くの研究者から見過ごされてきた経緯もある。今あらためて我々はロベール氏が体験したことを検証すべきであるとサラ博士は指摘しているのだ。

宇宙人が「人間の種」を他惑星に撒いている!? ヒマラヤ地下で銀河間連合の極秘事業に協力した男の画像1
「Amazon」より

 ロベール氏一家の最初のUFO目撃体験は、彼が20歳だった1966年6月までさかのぼる。自然に囲まれた田舎暮らしの農場の屋敷で、ロベール氏の父と祖母は直径1メートルほどの大きさで白と黄色の輝きを放つ光の球(オーブ)が6体、ゆっくりと農場を通り過ぎていくのを目撃したのである。屋敷の近くの低い土地には、大きな円筒形構造の浮遊物体が低空で静止しており、6つのオーブがその中に吸い込まれていったのだった。

宇宙人が「人間の種」を他惑星に撒いている!? ヒマラヤ地下で銀河間連合の極秘事業に協力した男の画像2
「Exopolitics.org」の記事より

 さらに翌年の1967年1月にも同様の現象が発生し、この時にはロベール氏も実際のこの6つのオーブと高さ13メートル、幅2メートルほどのシリンダー型のUFOを目撃したのだ。そしてこの現象は、その後数夜にわたって繰り返されたという。

 何日目かの夜、ロベール氏は車を運転してこのシリンダー型UFOに近づいていったのだが、UFOは一定の距離を保ったまま、まるでロベール氏をどこかへと導くかのように飛行を続けた。そしてある地点までやって来ると、突然空にミニバスの大きほどの円盤型のUFOが姿を現したのである。UFOのドーム型をした上部構造の窓からは、人間のようなシルエットの存在が2体、立っているのが確認できた。

 円盤型UFOがあらわれると車のエンジンは不可解にもストップし、UFOが20メートルほどまで近づいてきたところで、ロベール氏は意識を失った。目を覚ました彼は自宅のベッドにいたのだが、父親の必死の捜索によって発見・救出されたのである。父親の話によればその夜、屋敷の上空にも2つのオーブが飛び交っていて、息子を探しに行こうとしている父親を妨害しているかのようであったという。

宇宙人が「人間の種」を他惑星に撒いている!? ヒマラヤ地下で銀河間連合の極秘事業に協力した男の画像3
「Exopolitics.org」の記事より

■ヒマラヤの地下基地で1年間過ごす

 この事件の後、ロベール氏はエイリアンと接触することになる。ある夜、就寝中に目覚めたロベール氏は寝室に3体の背の高いエイリアンが立っているのを認めた。

 ロベール氏は最初、彼らは天使のような存在であるように思えたということだが、話してみると彼らは別の惑星から来た“進化した人間”であり、寿命は500歳にまで延びているという。説明によれば3人はそれぞれガイド、生物学者、民族学者であった。

 こうして地球外知的生命体との接触と交流がはじまったのだが、1968年9月にロベール氏は彼らから「別の惑星に人間の生命を植え付けるための遺伝子実験に参加しないか」と持ちかけられたのだった。参加するとなれば、ヒマラヤの奥地にある彼らの地下基地で1年間過ごすことになるという。

 ロベール氏は参加することに同意し、1969年1月初旬にヒマラヤの地下基地に連れて行かれた。ロベール氏によれば中国とインドの国境にまたがる地域に出入口となるエレベータがあるという。エレベータに乗って1000メートルほど地中を降りたところにその地下基地はあったということだ。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

宇宙人が「人間の種」を他惑星に撒いている!? ヒマラヤ地下で“銀河間連合”の極秘事業に協力した男のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル