「魚のようなUFO」を撮影!? 宇宙人に60回誘拐されたUFOハンターが主張

「魚のようなUFO」を撮影!? 宇宙人に60回誘拐されたUFOハンターが主張の画像1
ラス・ケレット氏(画像は「Daily Star」より)

 60回も宇宙人に誘拐されたという経験を持つ長年のUFOハンターが、まるで「魚のような形状の空飛ぶ円盤」をカメラに収めたと語って注目を集めている。

 現在60歳のラス・ケレット氏は16歳の頃に初めて宇宙人に誘拐されてから、何度もUFOを目撃したり宇宙人とのコンタクトを重ねている人物だ。そんな彼が先日、イギリス・ヨークシャーにある自宅の庭で、魚のような形状をした奇妙なものを撮影することに成功したという。

「映像が始まって数分後、カメラの近くに白く光る奇妙な物体を見ることができます。これまでUFO調査に携わってきた者として、私はこの物体の正体について検討を重ねています。まず、カメラを掃除したばかりだったので、レンズに張ったクモの巣ではありません。撮影された時間帯は夜間でよく晴れていたので、霧のせいでもありません。空には星が見えています。ある地点で、流星のようなものが右から左に移動していますが、流星にしては移動距離が長すぎるようです。とても奇妙なものがカメラの近くに現れたり、背景に映り込んでいるようです。」(ケレット氏)

「魚のようなUFO」を撮影!? 宇宙人に60回誘拐されたUFOハンターが主張の画像2
画像は「Daily Star」より

 かつて日本のオカルトシーンを騒がせた「スカイフィッシュ」の一種だろうか。スカイフィッシュは映像には映り込むが実際に捕獲されたことがない、高速で飛び回る棒状のUMAだ。しかし、この正体については虫や鳥などの残像が高速で飛びまわる物体のように見えてしまう「モーションブラー現象」として科学的な説明がついている。

 以前トカナでは監視カメラに映り込んだ「妖精」を紹介したことがあるが、今回の光る魚もそれと少し似ているかもしれない。

 果たしてケレット氏が撮影してしまった物体の正体は何だったのか。読者も考えてみてほしい。

参考:「Daily Star

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

文=飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

「魚のようなUFO」を撮影!? 宇宙人に60回誘拐されたUFOハンターが主張のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング17:35更新