誘拐犯はジャパン? 「魔法で逃げたら犠牲者が増えるから使わなかった」攫われた有名魔術師が弁明=ナイジェリア

誘拐犯はジャパン? 「魔法で逃げたら犠牲者が増えるから使わなかった」攫われた有名魔術師が弁明=ナイジェリアの画像1
アクワ・オクコ氏(画像は「Kanyi Daily」より)

 先日、ナイジェリアで有名な魔術医(ウィッチドクター)が何者かによって誘拐されるという奇妙な事件について報告したが、幸いにも6日間の監禁の後、無事に解放されたという。

 この奇妙な事件は先日、著名な魔術師であるアクワ・オクコ・ティワラ・アキ氏が所有するホテルに武装した侵入者が押し入り、警備員2人を殺害した後、彼を拘束して逃走したことから始まった。

 アクワ・オクコ氏はナイジェリアではその贅沢なライフスタイルと著名人との交友関係で有名であり、彼の誘拐事件は世間に衝撃を与えた。犯行の目的や犯人の正体も気になるところだが、多くの人々は「なぜ霊感があるはずの魔術師がその力を使って犯人を阻止しなかったのか、予知できなかったのか」と疑問に思っていたようだ。

 さて、アクワ・オクコ氏が捕らえられた直後、誘拐犯は3億5000万ナイジェリア・ナイラ(約6600万円)という途方もない金額を要求したと伝えられている。アクワ・オクコ氏のナイジェリア国内での地位の高さを物語るように、ナイジェリアのメディアには彼の友人らが身代金を支払うために集まりアクワ・オクコ氏はこの7月29日の朝に解放されたという。

 果たして彼はどのような経緯で誘拐され、そして逃げ出せたのだろうか。発端はオーキー・ジャパンという人物がアクワ・オクコ氏に電話をかけてきたのが始まりだったという。彼らはアクワ・オクコ氏のホテルでかなりの金を使ってしまったため、彼に現場に来て欲しいと主張したのだ。アクワ・オクコ氏が彼らの要求に応対するべく部屋に出向いたものの部屋には誰もおらず、30分ほどして銃声が聞こえた。この銃声をきいて周囲の人々は一斉に走り出したそう。

「今は多くを明かしたくないが、人を救えるのは2つの事柄だけだと判断した。あなたの魅力があなたを救わないなら、あなたのお金があなたを救うでしょう」とアクワ・オクコ氏は語る。彼は誘拐犯を阻止するために自分の力を使ったり、単にその場から逃げたりするのではなく、誘拐犯に抵抗せず一緒に連れていかれることを選んだ。「撃たれた人たちを見て、”私が去れば、多くの人が殺される”と思った」とは彼の弁である。

 アクワ・オクコ氏はビル内に武装集団がいたのは自分の責任だと認めた上で、彼らの要求に応じざるを得ない状況だったと説明している。彼が無事だったのは不幸中の幸いだが、2人の命を奪った犯人らが一刻も早く逮捕されることを願いたい。

参考:「Kanyi Daily

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, ,

文=勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

誘拐犯はジャパン? 「魔法で逃げたら犠牲者が増えるから使わなかった」攫われた有名魔術師が弁明=ナイジェリアのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング17:35更新