世界各地の古代文明に“6本指の表現”が多い謎! 巨人伝説と関係か?

 稀に現れる多指症。かの豊臣秀吉も手の指が6本あったことから、織田信長は秀吉を「六ツめ」と呼んでいたといわれている。興味深いことに歴史や神話には6本指の多指症の人物がかなりの頻度で描かれており、巨人伝説との関わりも指摘されている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ こちらの記事は2022年5月23日の記事を再掲しています。

 世界各地の遺跡から手や足の指が6本ある彫刻や彫像が発見されている。多指症の割合からすれば不自然なほどに多いといえるこれらの歴史的遺物をどう考えればよいのだろうか。

世界各地の古代文明に6本指の表現が多い謎! 巨人伝説と関係か?の画像1
マールテン・ファン・ヘームスケルク作 画像は「Wikimedia Commons」より

6本指の人物は古代社会で尊敬されていた?

 米ニューメキシコ州、チャコ・キャニオンの遺跡から出土した遺構からは家屋の壁に6本指の手や足の装飾があることが知られている。この地に暮らしていた古代プエブロ族では6本指の人物がより重要視されていたのではないかと、ニューメキシコ大学の人類学者、パトリシア・クラウン氏らが指摘している。

世界各地の古代文明に6本指の表現が多い謎! 巨人伝説と関係か?の画像2
「Ancient Origins」の記事より

 研究者たちは、遺跡の大邸宅の壁や床からいくつかの手形や足跡を発見したのだが、それらはすべて6本指であった。さらに、6本指の足で履くようにデザインされたサンダルの存在まで確認されたのだ。こうしたことから6本指の足跡や手形は、社会の中で尊ばれてきた要素であり、儀式的な意味を持っていた可能性があるという。

「生物学、芸術、建築、空間分布など様々な見識を応用して、かなりの量の証拠が見出されました」と北アリゾナ大学の人類学者であるケリー・ヘイズ・ギルピンは語っている。

 また考古学者のリチャード・バーネット氏によると、多指症はエジプト、マルタ、ヨルダン、イランを含む各地に残された古代の芸術・文学に登場し、「神聖な、または英雄的な表現として最も頻繁に用いられた」という。故人の石棺のデザインなど、人々の日常生活にも6本指の表現が根付いていたことを指摘している。

 実際のところ古代文明で多指症はどのように考えられていたのか。失われた古代文明の人々は6本指が標準であったという説や、神や天使の子孫であるという説など、さまざまな仮説と憶測も生み出されている。

 この問題を考察した海外オルタナティブメディアの記事では、多指症は遺伝形質として受け継がれる傾向があるため、古代文明においてそのような遺伝的特徴を持つグループが存在していた可能性を指摘している。古代遺跡や聖書をはじめとする文献や芸術作品において表現されている多指症は、ある種の“神話的な思い出”であるというのである。

世界各地の古代文明に6本指の表現が多い謎! 巨人伝説と関係か?の画像3
「Ancient Origins」の記事より

 もちろん6本の指を示す表現は、アーティストによる創作や誤謬である可能性も残されるものの、表現方法にはそれぞれの文化で一定のパターンがあるため、それぞれの時代で実際に6本の指を持っている人物(あるいは存在)を意図的かつ神話的に描写していたと考えるほうが自然である。

 前述のグレッグ氏によれば、多数の古代遺跡で見つかっている6本指の表現は、人類の文明の初期段階から、6本指の人々(あるいは存在)が何らかの理由で崇拝されていたことを示唆しているという。

古代の巨人は6本指だった!?

 こうした「多指症」については旧約聖書でも言及されており、『サムエル記』には手足の指が各6本(全部で24本)ある巨人が登場する。

 巨人といえば、かつてトカナの記事でも紹介したように研究の第一人者であるジム・ヴィエイラ氏は、少なくとも4万年前までアフリカに“巨人族”が栄える超古代文明が存在していたことを主張している。この超古代文明は、後に栄えたシュメール文明や古代エジプト文明の起源になったというのだ。

世界各地の古代文明に6本指の表現が多い謎! 巨人伝説と関係か?の画像4
画像は「Wikimedia Commons」より

 そしてヴィエイラ氏は、聖書以外でも古代の巨人と多指症との関係を探っている。イラクのサマー、南北アメリカ、オーストラリア、イースター島、フィジー、キリバスなどの彫像や岩絵に見られる6本指の表現と、それぞれの地に残された歴史的記述や口頭伝承には、多指症と古代の巨人との関係を示唆するものが多いということだ。

 しかもヴィエイラ氏によれば、巨人に関する歴史を完全に隠蔽する謀略がいくつかの機関によって今もなお続けられているということだ。ヴィエイラ氏がYouTubeに投稿した巨人にまつわるいくつかの動画は、すでに削除されている。何らかのタブーに触れてしまったということか。

 いずれにしても古代の巨人と、古代の6本指キャラクターには何らかの知られざるつながりがあるのか、ヴィエイラ氏の見解は実に興味深い。古代の多指症表現について、新たな話題があればまた紹介したい。

参考:「Daily Grail」「Ancient Origins」、ほか

関連キーワード:, , , , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

世界各地の古代文明に“6本指の表現”が多い謎! 巨人伝説と関係か?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル