超クッキリ! 半透明の妖精?悪魔?妖怪?がアイルランドで撮影され大反響!

 アイルランドの超常現象チーム(PSII)が、同国のゴールウェイにある「妖精が息づく砦」で不気味な画像が撮影されたことを発表した。きっかけは近くに住む農家の人々から「奇妙な現象起きやすい」という報告を受けたことだった。

 そもそも、アイルランドには自然を信仰していたケルト人の文化が根付いており、ケルト人から伝承された妖精の存在がいまだに信じられている。中でも「妖精の砦」は妖精との関わりが深く、目撃談が多い3000年程前の古代の住居の円形の遺跡だ。

 調査チームがその場で調査を行うと、奇妙な写真を撮影した。その写真には半透明のオオカミの画像が写っている可能性があるという。

画像は、MSNより


 PSIIのリチャード・モリソン氏は「さらなる研究を行った結果、妖精には姿を変える能力があり、オオカミの姿を変えることができることがわかった」と述べた。

 この妖精の画像は、SNS上で大きな反響を呼んだ。

「地元の人々は、奇妙な現象が起きるからといって、妖精の砦を自分の土地から撤去することは望んでいません。なぜなら、それが彼と彼の家族に不幸な運命をもたらすと信じているからです」(リチャード・モリソン)

 同氏は、ゴールウェイでの調査中に捉えられた不気味な画像は、全国に3万以上の古代遺跡が点在する妖精の砦に関する「氷山の一角」に過ぎないと考えている。

「私たちはこれらの遺跡が超自然的な力を持っていると信じています」とモリソンは付け加え、さらに、「妖精は、ティンカーベルなどのように、ハリウッドで描かれているようなものではないということを覚えておかなければなりません」と語った。

 PSIIのメンバーは現在も調査を続けており、さらに多くの発見をしているそうだ。
(中島裕子)

https://www.msn.com/en-ie/money/technology/paranormal-investigators-photograph-supernatural-entity-at-galway-fairy-fort/ar-AA1kIkIh

関連キーワード:, , ,
TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

超クッキリ! 半透明の妖精?悪魔?妖怪?がアイルランドで撮影され大反響!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル