陰謀論者は考えを変えられるのか?最新の陰謀論研究が導き出した結論とは・・・

画像は「Getty Images」より

 多くの人が少なくとも一つの陰謀説を信じている。そして、それは必ずしも悪いことではなく、なにより”陰謀”は実際に起こっている。一例を挙げれば、CIAは1950年代、捕らえたスパイから自白を引き出す可能性のある薬物や手順を特定するために、違法な実験を実際に行っていた。

 しかし、多くの陰謀論は証拠に裏付けられていないにもかかわらず、信者を惹きつけている。例えば、以前の調査では、ニュージーランド人とオーストラリア人の約7%が、航空機の後方に見える軌跡は、政府の極秘プログラムの一環として散布された化学物質の「ケムトレイル」であるという説に同意していることがわかった。科学界では否定されているにもかかわらず、である。

 信憑性のある証拠がないにもかかわらず、陰謀論が信奉者を惹きつけるという事実は、心理学やその他の学問分野の研究者にとっては依然として謎となっている。ここ数年、陰謀論に関する多くの研究が発表されている。陰謀論を信じる人がどの程度いるのか、またその心理的・政治的要因も徐々にわかってきたものの、人々がどれくらいの頻度で考えを変えるのかについては、あまりわかっていない。

 彼らは頻繁に考えを変えるのだろうか、それとも、どんな証拠に出会っても粘り強く信念を貫くのだろうか?

【9.11からCOVIDまで】

 心理学者マット・ウィリアムズら研究グループは、縦断的調査を使ってこの疑問に答えることにした。彼らは498人のオーストラリア人とニュージーランド人を募集し、2021年3月から9月まで毎月、サンプルグループに10の陰謀説を含む調査票を提示し、それぞれの説にどの程度同意するかを尋ねた。

 これらの説はすべて、9.11同時多発テロ、5G通信技術の普及、COVID-19など、現在進行中、あるいは今世紀に起きた出来事に関する主張に関するものだった。サンプルの中には確かに信者もいたが、ほとんどの参加者はそれぞれの説に同意していなかった。

 最も人気があったのは、「製薬会社(『ビッグ・ファーマ』)が利益を守るためにがんの治療法を抑圧している」という説だった。最初の質問では、サンプルグループの約18%が同意した。最も人気がなかったのは、「COVID-19『ワクチン』には、人々を監視・管理するためのマイクロチップが入っている」という説であった。同意したのはわずか2パーセントだった。

【陰謀論は増えているわけではない】

「誤報のパンデミック」あるいは「インフォデミック」という現代的な懸念にもかかわらず、陰謀論に対する個人の信念が時間の経過とともに平均的に増加しているという証拠は見つからなかった。

 COVID-19のパンデミック2年目の激動の時期にデータを収集したにもかかわらず、である。オーストラリアでもニュージーランドでも閉鎖的な状況が続いており、反政府感情が高まっていた。彼らは参加者を6ヶ月間追跡しただけだが、もっと長い期間にわたる他の研究でも、陰謀論に対する信念が時間とともに高まっているという証拠はほとんど見つかっていない。

 最後に、陰謀論に対する信念(あるいは非信念)は安定しているが、完全に固定されているわけではないことがわかった。どの理論に対しても、参加者の大多数は「一貫した懐疑派」であり、どの時点でもその理論に同意していなかった。

 また、回答した調査のすべての時点で同意する「一貫した信者」もいた。ほとんどの説で、このグループは2番目に多かった。しかし、どの陰謀論にも、少数の改宗者がいた。彼らは調査開始時にはその説に同意していなかったが、調査終了時には同意していた。また、「棄教者」の割合も少なく、彼らは調査開始時にはその説に賛成していたが、調査終了時には反対していた。とはいえ、改宗者と棄教者の比率は互いにほぼ均衡する傾向があり、信者の比率は長期にわたってかなり安定していた。

【「ウサギの穴」の中】

 陰謀論に対する批判のひとつは、陰謀論は「反証可能」ではないという点にある。陰謀論に反する証拠と思われるものがあっても、信者たちはそれを隠蔽工作の一部だと片付けてしまう。しかし、人々は明らかに、以前信じていた陰謀説を否定する決断を下すことがある。

 ルイス・キャロルの有名な物語でアリスが不思議の国に転落していくように、人々は次々と陰謀説を信じるようになるという「ウサギの穴」(ラビット・ホール)という一般的な概念に疑問を投げかけるものである。このような現象はごく一部の人に起こる可能性はあるが、我々の結果は、それが典型的な経験ではないことを示唆している。ほとんどの人にとって、陰謀論信仰への旅はもっと緩やかな坂道であり、本物のウサギの穴のようなもので、そこから抜け出すこともできるのだ。

【関連記事】ScienceAlert

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, , ,

文=にぅま(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

にぅま(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

陰謀論者は考えを変えられるのか?最新の陰謀論研究が導き出した結論とは・・・のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新