『ゾゾゾ』の落合さんを大解剖!本職は営業マン!?TOCANA独占インタビュー

 心霊好きで『ゾゾゾ』を知らない人は、もはや日本にいないのではないだろうか。

 ゾゾゾは心霊スポットや曰く付き廃墟、怪現象が起こる家などを訪問し、食べログのように評価するポータルサイトを作るという目標を掲げたホラーエンタテイメント番組だ。今や登録者も100万人に迫り(2024年7月現在)心霊系YouTubeチャンネルでは日本一と言っても過言ではないだろう。

 メインパーソナリティ落合さん、ゾゾゾの発起人でもある敏腕ディレクター皆口さん、若干霊感体質のスタッフ内田さん、いつも冷静な永遠のスペシャルゲスト長尾さん、物や人に興味がない虚無人間との噂があるスタッフ山本さんら、バラエティに富んだメンバーは観る者を飽きさせない。

 TOCANAでは4年前にインタビューを行っているが、今回TOCANAのリニューアル記念と称して、改めてパワーアップしたゾゾゾの落合さんに話を伺った。ゾゾゾのはじまり、今後ゾゾゾはどうなっていくのか、そして落合さんという人物が何者なのかに迫る。

ゾゾゾの落合さん 撮影:編集部

ゾゾゾが始まった経緯

——今や大人気チャンネルとなったゾゾゾですが、ゾゾゾがどのように始まったのか教えてください。

落合さん(以下、落合):僕は今、ギギギという会社をやっているんですが、その前にやっていた会社の従業員に皆口くんがいました。彼が元々ホラーが好きというのは知っていたんですが、ある時に彼からホラーのポータルサイトを作りたいと言われたんです。でも僕は心霊スポットに行ったこともなければ、全く興味もなかったですし、そもそも仕事になるのかな?という思いが一番最初にありました。以前の会社はWebデザインやシステム開発をしていた会社だったので、技術的には作れるんですけど、ホラーの知識もなければ僕以外の役員も興味がない分野ですし、事業としてやるには難しいかなと思いました。いまいちピンとこなかったんです。なので個人的にやる分には構わないし、そこで「僕に手伝えることがあるんだったら声かけて」と軽い感じで言ったのが本当にきっかけです。それから数ヶ月後くらいにまさに1話目の石神井公園の動画撮影に呼び出されました。

——1話目はガチで仕事帰りに急に連れていかれたんですか?

落合:本当にそうなんです。その時僕は何のことだかよくわからず、何ならYouTubeに動画が上がることすらも理解していないような状況でした。YouTubeに動画が上がってびっくりしたくらいです(笑)。なので色々打ち合わせをしたりとかは全くなくて、ゾゾゾポイントのシステムとかもその時に初めて聞きましたし、そもそも「ゾゾゾ」って言うんだ、みたいな感覚でした。

 そして1話目ができあがったくらいのタイミングで、皆口くんから心霊系のDVDを10本ほど観せられたんです。それぞれの作品を説明されて「面白いと思いますか?」と聞かれたんですが、僕はそういった作品に慣れていなかったこともあって「面白いっていう感じはしなかったかな」と伝えました。そしたら彼は「興味がない人からすると、そうですよね。なのでゾゾゾはこういう風には作りません。」と言ったんです。

 ゾゾゾの視聴者の多くは僕と一緒でホラーをあまり見てこなかった人だと思うんです。ですから最初からそういったジャンルの入口としてゾゾゾを観る、みたいな感じの方向で作るというのは皆口くんの中であったんだと思います。


——ゾゾゾのメンバーのキャラもいいですよね。怖がる落合さん、冷静な長尾さん、ちょっといじられキャラの内田さんと、とてもバランスがとれていると思うんですが、これは特に狙ったものではないのでしょうか?

落合:キャラ設定も特に決めたわけではないんです。皆口くんからは一番最初に、落合さんは”視聴者代表です”と言われました。視聴者は落合さんを投影して見るので、落合さんは怖かったら怖がっていいし、思ったことを言えばいい、使えないところはばっさり切ると言われました。

——シーズン制というのもYouTubeチャンネルの中では斬新ですよね。

落合:実は24話で区切るというのも僕は知りませんでした。10話目くらいで再生数がバーンと伸びて登録者も増えて、単純に嬉しかったのでそのことについて皆口くんと話していたら、「あ、でも24話で辞めます」と言われたんです。「え?辞めんの?」とびっくりしましたね。彼の中ではシーズン2をやると決めていたわけでもなく、一生やらないつもりはないけど、こういうのは一度区切ったほうがいいという思いがあったみたいです。

——多くの心霊スポットを回られてるわけですが、いわゆる霊障みたいなことはあったりしたのでしょうか?

落合:撮影が終わって家に帰って、お風呂で髪の毛を洗うときに怖いみたいなことはあるんですけど、何か“憑いてきたな”みたいなことは一度もないですね。逆にあったらここまで続けられてないかもしれないです。内田くんがたまに怪しいときはありますけど、みんなそのあたりは大丈夫そうですね。

——ちなみに一番怖かった場所や印象に残っている場所はありますか?

落合:どの場所もそれぞれ怖いんですけど、最近でいえば「気持ち悪い家」の1つ目が不気味で怖かったですね。遺書や遺影があるわ、最後の言葉みたいなものが書いてあるわで……途中で一人にされたんですが、本当に耐えられないくらい怖かったです。生活感があってここに人が住んでいたんだなと感じる場所はやっぱり怖いですよね。

 あとは、シンプルに物理的に怖かったのは「朝鮮トンネル」ですね。長尾くんもよくトンネルは怖いと言うんですが、僕も同意見です。特に照明もない夜のトンネルは本当に真っ暗で、どっちを向いているかわからないような、異空間に飛ばされた感覚になるんです。

——ゾゾゾをやってきて幽霊は信じるようになりましたか?

落合:ゾゾゾを始めたときに比べれば「あ、いるかもな」とは思うようにはなりました。100%信じてるわけではないんですけど、ちょくちょくゾゾゾでも起こる変なことは、いないと説明つかないんじゃないかと。

ゾゾゾの夏が今年もやって来る!待望の完全新作が今夏公開決定! 画像は「ゾゾゾ」より

——先日”ゾゾゾの夏“のキービジュアルが公開されました(6月24日取材時)が、落合さんは中身については全く知らされていないんですか?

落合:残念ながら知らされてません(笑)。今はまだ告知の告知みたいな段階なんですけど、それでもみんなが話題にしてくれるのは凄いなと思いますし、誇らしいですね。

——ゾゾゾとしてはこれからどういう方向にいくかみたいなことはお話しされていたりするんでしょうか?

落合:そこは皆口くん次第という感じですね。僕らは撮影しに行っても、それがいつ公開されるのかも知らされないですし、聞いても教えてくれないですし。動画が公開されることも僕は大体X(旧Twitter)で知るんですよ。事前に内容を見せてくれることもないので、配信日に本当に視聴者さんと同じ感覚で観るみたいな感じなんです。なので本当に今後については彼次第ですね。ただ僕としては辞めるつもりはないというか、心霊スポットが無くなることもないでしょうし、皆口くんに言われたら行くというスタンスは変わらないと思います。怖いんですけどね。

 

営業マン?落合さんという人物について

——「落合陽平の10万ボルトTV」というゾゾゾとは全く違う雰囲気のYouTubeチャンネルもやられていますが、このチャンネルはどのようなきっかけで始めたんですか?

落合:ゾゾゾのファーストシーズンが終わった後に、「夏の特別編 学校の怪談スペシャル」という回の先行上映会を自分たちで企画したんです。そのときに初めてグッズを作ったりもしたんですけど、いかんせんイベントの運営はしたことがなかったので、できる人に手伝ってもらおうということになり、その時に来てくれたのが10万ボルトTVのディレクターの栗田さんだったんです。

 栗田さんは皆口くんの高校の同級生で、当時はアイドルのマネージメントをしていてイベントは得意分野だったので、イベント全体の運営をやってもらいました。それからちょくちょく会うようになったのがきっかけですね。

 僕は僕でゾゾゾを通して落合さんという人間を知ってもらえるようになってきたので、ゾゾゾではできない遊びを何かやりたいと思っていたんですけど、一人でやるのは荷が重いし……誰かディレクションをやってくれる人がいないかな、と思っていたときに飲み屋で「じゃあ栗田さんやります?」みたいな感じで声をかけて決まったのが始まりのきっかけです。「落合陽平の10万ボルトTV」という名前も飲み屋でその場のノリで決まりました。

——落合さんは過去にアメリカに住まわれていたとのことですが、なぜアメリカに行こうと思ったんですか?

落合:高校の時は特に勉強もしていなくて、まず大学に行こうという意識は全くなかったんです。当時はギターが好きだったので、音楽の専門学校に行こうかなと思って説明会に行ったんですが、あまり面白くなさそうだなと思ってしまって。かといって働きたくもなかったんです(笑)。消去法の結果、「よし海外に行こう」と思い、僕でも行けそうな学校を探してアメリカに行きました。

 本当はその学校に2年通ってから4年生の大学に編入する人が多いんですけど、僕は2年通ったら日本に帰りたくなってしまったんです。アメリカが合わなかったわけではないんですが、その時には社会人として働くことに憧れを持っていたので、日本に帰ってすぐに働こうと思いました。

——普段はどのような仕事をされているんですか?

落合:僕は元々営業職だったこともあって、ゾゾゾでグッズを出したり本を出したりする際の窓口は僕が担当しています。なので色んな会社さんとやり取りすることが多いですね。あとは僕個人や皆口個人にくる仕事もあるので、その窓口として動いたりもします。大体いつもどなたかと話をしていますね。職種でいうと営業職だと思います。

 あと10万ボルトTVではメンバーシップもやっているので、メンバーの方々向けのコンテンツは基本的に僕が企画・編集をしています。

——Wikipediaなどにはファイナンシャルプランナーの肩書もありますが、このお仕事は今はされていないんですか?

落合:今はやってないですね。20歳ちょっとくらいのときにファイナンシャルプランナーの資格をとって、金融業界や保険の営業をやったりしてきました。26歳のときに独立して最初は保険のWEBサービスを作ったり事業売却をしたりしながら、最終的にWEBの受託開発の会社を始めて、その会社の時にゾゾゾが始まったという感じです。

撮影:編集部

——休みの日にやられている趣味などはありますか?

落合:割と色々手を出しちゃうんですけど、最近だとカメラですかね。一眼を買ったのでYouTubeで勉強しながら、家族と出かけるときパシャパシャと撮ったりしてます。でもレンズが凄く高いのでハマる趣味間違ったかなと思ったりもします。他には10万ボルトTVで8月21日に初めてイベントを開催するんですけど、そこでライブ的なこともやろうかなと思って最近はギターをガシガシ弾いてます。

——今年の3月には舞台にも出られたみたいですね。

落合:舞台は人生で初めてだったんですけど、凄く楽しかったですね。僕よりも若い人たちがたくさんいる中で、1ヶ月くらい他業界の知らない人たちとほぼ毎日会って一緒に練習したのが心地よくて楽しかったです。それまでは舞台を見に行くような人間ではなかったんですが、今ではその時に共演した人たちの舞台をちょくちょく見に行くようになりました。

——今後もそういった露出はされていくのでしょうか?

落合:ゾゾゾの落合としてのブランディングは皆口くんに任せていますし、10万ボルトTVでの僕のブランディングに関しては栗田さんに任せているので、今後どうするかは彼らと話し合いながら決めていくことになると思います。

——動画ではわかりづらいのかもしれませんが、かなり体が仕上がってますよね。新宿の幽霊ホテルの回で裸になっていた時、凄くいい体だったのでびっくりしました。何かスポーツはされているんですか?

落合:20歳くらいから今もずっとジム通いは続けています。最低でも週に1〜2回は行くようにしています。趣味というよりは習慣に近くて、ジムに行かないとなんだか気持ち悪いんです。特に他のスポーツをやっているわけではないです。

——最後に何か人生におけるモットーのようなことがあれば教えてください。

落合:強いて挙げるならタイム・イズ・マネーですかね。時間はめちゃくちゃ意識します。時間を無駄にしたくないという気持ちは凄く強いので、逆に落ち着きがないかもしれません(笑)。特に人生で最終的な目標があるわけでなくて、いつまで仕事をするか、いつまでゾゾゾを続けるかとかも特に考えてなくて、なるようになるかなという気はしています。ただ歳を取った時に一緒にお酒を飲める友達を一人でも多く現役時代に作っておくというのは一つの目標ですね。ゾゾゾも10万ボルトTVも無理のない範囲で自然体で続けられたらなと思います。

——本日はありがとうございました!

 


 ホラーが苦手で動画では”愛すべきポンコツ”とも称される落合さんだが、ビジネスでも成功してきたことからわかるように、柔らかい物腰の奥には人を惹きつける大きな魅力を持っていると感じた。ゾゾゾ、そして落合さんのこれからの活躍に期待したい。

 今週の12日(金)からは3週連続で最新作「広島シリーズ」の配信が決定している。さらに8月2日には初の海外ロケとなる「夏の特別編24 タイスペシャル」が配信される。今年の夏はゾゾゾにどっぷり浸かって暑さを吹き飛ばすことができそうだ。

ゾゾゾ(YouTubeチャンネル)

ゾゾゾShop


ゾゾゾ公式サイト

落合陽平の10万ボルトTV

関連キーワード:, ,

文=渡邊存瀰

4代目TOCANA編集長
X: @DailyTocana

渡邊存瀰の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『ゾゾゾ』の落合さんを大解剖!本職は営業マン!?TOCANA独占インタビューのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新