>  >  > 中国人男性、全身がサナダムシの餌食に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日本食

,

病気

,

衛生

tapeworm.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 こちらの画像をご覧いただきたい。これは、決して散弾銃で撃たれた人間の体ではない。なんと、サナダムシに全身を侵食されてしまった中国人男性のX線写真なのだ。

tapeworm_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 スシや刺身が大好物だったこの男性は、腹痛と肌の痒みに耐えかねて、広東省広州市にある第八人民病院へとやって来た。体中をサナダムシに穴だらけにされてしまった原因について医師は、サケなどの淡水魚の刺身に付着した卵や幼生を大量に摂取したためだろうとしている。

tapeworm_3.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 今月24日の英紙「The Daily Mail」によると、今回のようなケースは、スシや刺身の広まりとともに世界中の人々の間で増加しているという。学術誌『Canadian Family Physician(カナダの家庭医)』上でナンシー・クレイグ医師が指摘するには、「(このような現状は)確かにスシや刺身の人気が背景にあるものの、バルト海地方やスカンジナビア半島発祥の『魚の塩漬け』や『酢漬け』でも起こり得る」そうだ。また「イタリアなどでも生魚を食べる習慣がある」ため、どのような料理であっても、魚の衛生状態によっては安心できないという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。