>  >  > 科学者「障がいや奇形が人類を進化させた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
“ひ弱なサル”の近親交配が人類を生んだ!? 科学者「障がいや奇形こそ進化に重要な役割」

 優勝劣敗、適者生存、弱肉強食……。生物進化の頂点にある人間は、苛酷なサバイバルレースを勝ち抜いた最も優秀な遺伝子をもった種であるといえるが、決して“強い”種ではなかったという学説が注目を浴びている。古代の原人は虚弱で、仲間の協力がなければ生きていけなかったからこそ、今日の人類に進化できたというのだ。 ■障がいや奇形の多い“ひ弱なサル”が我々の祖先!?  先頃、人類学系の学術論文サイト「...

人気連載

レメディオス・バロ/暗闇と夢と魔術の芸術家 ― ビョークやマドンナも陶酔する美人シュルレアリストの真実

 最近、筆者の周囲では(年齢的に当然かもしれないが)結婚が相...

封印されたトンデモ映画!! あのヴァン・ダムも自社商品“ユニバG”に出演させた大神源太とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...