>  > 自由すぎる書店・模索舎が選ぶ「テロ」関連文献6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

テロ特集

,

平田宏利

,

模索舎

0917terotoku.jpg
画像をクリックすると、全・特集記事が閲覧できます


 JR新宿駅から徒歩10分、新宿御苑そばに小さな書店がある。古びた木彫の看板には「模索舎」の文字。一見、古書店のようだが、れっきとした新刊書店だ。店内には、天井にいたるまでびっちりと本が並んでいる。だが、この書店の品ぞろえは他とはひと味違うことで知られる。

1021mosakusha01.jpg

 天皇制、赤軍、アナーキズム、監獄・死刑、戦争責任、マルクス主義、原発など店内のジャンル区分はずいぶんトバしている。

 そこには、あらゆる情報をフラットに取り扱う模索舎の理念がある。思想信条や、メジャー、マイナーで区分はされない。実際、模索舎は左翼関係の書物ばかりでなく、右翼関係の書物も取り扱う。さらに、自主制作のミニコミや、Tシャツ、CD、DVDといった、サブカル系のアイテムも充実している。

1021mosakusha02.jpg

 模索舎の歴史は1970年代初頭までさかのぼる。全共闘運動に関わる学生たちが、自分たちの出版物を新たに作り、流通させる拠点として作られた。自主制作物であれば何でもおけ、定価に対して3割の料金が委託料だ。一冊100円の商品ならば、30円が模索舎の収入となる。

「模索舎は、商業ベースに載らない本を取り扱うことを前提に作られた書店です。個人作成のミニコミや、市民運動のパンフや新左翼党派の機関紙などを各種取り扱っています。経営は厳しいですが、日本でもここにしかないものを多く取りそろえています」

 模索舎店員の榎本智至さんは語る。今回は榎本さんがセレクト、執筆した「テロ」関連文献6選をお届けしたい。ただし、あくまでもテロを推奨、礼賛しているわけではないのでご注意願いたい。


【1】『現代暴力論「あばれる力」を取り戻す』著:栗原康/角川書店

1021gendaibo.jpg

「気分はもう焼き打ち」(帯より)。今、注目の若手政治学者が独特のリズムを持つ強烈な文体で論ずる「現代暴力論」。第五章「テロリズムのたそがれ:犠牲と交換のロジックを超えて」では、ミハイル・バクーニン、無政府主義結社ギロチン社などの行動からアナキストのテロリズムを紹介する。

「ゼロになること」「共鳴を呼び起こすこと」テロリズムから民衆の蜂起へ。なぜひとはテロリズムに駆りたてられるのか、その答えのひとつがここに書かれている。角川新書というメジャーな媒体から刊行されたことも脅威。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。