>  > 【新説】地球は閉じ込められている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 地球外生命体の探索、ブラックホールの解明など、技術の発達とともに科学者たちは広い宇宙の謎を少しずつ解き明かしつつある。しかし、一部陰謀論者の間で地球自体が閉じ込められていて、人類は宇宙空間とは接触することができないという驚きの新説はまだあまり知られていない。その説によれば我々は閉じ込められた地球から出ることもできず、宇宙空間と接触することも不可能なのだという。

■ヴァン・アレン帯の謎と嘘

Quarantined-earth1.jpg
画像は、「BeforeIt'sNews」より

 地球から何人もの宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙探査に成功しているというが、地球のまわりの強力な放射線帯である「ヴァン・アレン帯」によって支障が出たという話は全く聞かない。それは何故か、答えは簡単だ。誰もヴァン・アレン帯の入り口にすら到達していないからだ。

 ヴァン・アレン帯とは非常に強い放射線が存在している領域のことである。赤道上空を中心に、地球をドーナツ状に包み込んでおり、宇宙空間に出るためにはヴァン・アレン帯領域を通らなければならないが、地球に戻ってくるためには二度もヴァン・アレン帯で超強力な放射線を浴びなくてはならない。NASAによれば「ヴァン・アレン帯を通過するのは極わずかな時間であり、機体や宇宙服によって十分に被爆から守られる」としているが、それらは全て嘘なのだという。

Quarantined-sum2.jpg
ヴァン・アレン帯。画像は、「BeforeIt'sNews」より

 確かに以前から「ヴァン・アレン帯通行不可能説」は何度も議論されてきたもので、アポロ計画自体まったくの作りものだという話はいやというほど出尽くしている。またかよ、とお思いかもしれないが、今回の新説はそこに着目しているわけではない。なぜ国はこんな大掛かりな嘘をつくのか? ということに対してアプローチしているのだ。

■ヴァン・アレン帯と南極大陸の深いつながり!?

Asteroid2004BL86-.gif
小惑星「2004 BL86」。画像は、「BeforeIt'sNews」より

 この嘘は、まるで不思議の国のアリスの穴と同じくらい深いものだ。インターネットでNASAのウェブサイトに行けば、地球に一番接近している小惑星がどれなのかリアルタイムに見ることができる。しかしその小惑星と軌道は本当に真実だと一般人がどうして分かることができるのであろうか? 我々は情報化社会において、YouTubeの動画のような実に簡単なプログラムによっていとも簡単に騙されてしまうのはご存知のところだろう。YouTubeがソース、それを影であざ笑いながら情報操作をしている連中が存在しているということなのだ!

関連キーワード

NASA

コメント

2:匿名2015年11月20日 13:24 | 返信

ヴァン・アレン帯の正体は地球磁場の磁力線帯。そこに太陽風や恒星間風(電子線・陽子線)が流れ込むことで放射能を帯びる。つまり、ヴァン・アレン帯自体に放射能があるわけではなく、引き寄せられた高エネルギー粒子に放射能がある。ここを勘違いしている人があまりにも多い。

また、巨大な棒状の気球の写真は、敵のレーダーを撹乱するためのデコイ(おとり)として開発された気球で、その実験映像が流出したもの。銀色のタイプはレーダー波を反射して巡洋艦や空母のように見せかけるデコイ。黒色のタイプは電波を吸収する塗料が塗られたタイプで、艦隊の前方に展開して敵のレーダーを撹乱する目的で開発されたもの。いずれも効果に疑問があり、火災事故を起こすなど性能に問題があった為、お蔵入りになった。

さらに、地球が外部の知的生命体が発した人工的な信号をキャッチできないのは、それが遮断されているからだという「流刑星説」はSF小説などでは古典の時代からある普遍的なテーマ。人類が幸福をつかめず、戦乱に明け暮れ、病魔に苦しみ続けているのは、それが「罰」だからである、とする説。原罪思想の真の意味はそこに隠されているのではないかと見る研究者もいる。

信じるか信じないかは、あなた次第。

1:よっち2015年11月20日 11:53 | 返信

アナザーさん、後半どうなされました?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。