>  > サインを挟んで高音質に? 音響機材の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
AcousticRevive_9.jpg
ディープすぎるオーディオ業界について聞いた(撮影=編集部)

 東京・代官山にあるライブハウス「晴れたら空に豆まいて」の驚異的音響の謎を探るため、導入オーディオ機器を製造している関口機械販売株式会社の石黒謙社長に話を聞くことにした筆者。

 インタビュー前編で明らかになったのは、インシュレーター(AV機器の接地面に置き、振動を逃がして共振を防ぐ器具)に水晶を用いることによって音の共振が抑えられているという事実だった。しかし、「晴れたら空に豆まいて」の機材では、共振とは無関係であるはずの電源ケーブルにまで水晶が使われているという。その理由を聞くまでは、まだまだ食い下がらなければならない。

 果たして社長の口から語られた“真実”とは? 信じられない展開が待っていたインタビュー後編!


■なぜか音質が良くなる? 本当の理由は誰も知らない

「電源ケーブルに水晶を使う理由……。いや、それはよくわからないんですよね」(石黒社長)

 な?? 社長自らが“わからない”!?

AcousticRevive_16.jpg
水晶を使う理由は……(撮影=編集部)

「水晶って、共振を止める以外にも不思議な効果があるんですよ。音が“有機的”になるというか、“生々しく”なるというか……」(石黒社長)

 科学を飛び越え、一気にオカルトめいた展開になってきたが、水晶に“何か”があるというのは音楽業界では有名で、スタジオにかなりの確率で置いてあったりするらしい。

「たとえばオーディオ用抵抗なら、金箔抵抗を使うと音が良くなると言われます。元々はイスラエルの軍事用抵抗で、1個3,000円ぐらいするものですが、それを高級オーディオメーカーでは使う。コンデンサならマイカコンデンサやオイルコンデンサが良いというんですけど、実はどれも電気的な特性は同じなんですよね」(石黒社長)

 電気的な理論でいえば、どれを回路に用いても同じ音がするはずだが、使う素材が違うと音が変わるのだという。しかし、それにしても、本当に違いがあるのか?

「残念ながら、音色とか質感とか人間の感覚的なものは、測定機に出ないものです。たとえばレゲエを聞いて“ホットな音”だと思いますが、それは測定できない。熱い音は測れません。同様に水晶による音の変化も測れない。しかし、確実に音は変わります」(石黒社長)

AcousticRevive_15.jpg
サインで音が変わるだって!?(撮影=編集部)

 社長の隣りに座っていた「晴れたら空に豆まいて」の音響ディレクターも、頷きながらその言葉に同意する。

「僕もそんなに感覚が鋭いわけではないんですが、今回、5カ月かけて音響設備を全体的に変えていく中で、どんどん音が良くなっていくんですよ」(音響ディレクター)

 わからないものは判断しないという科学的姿勢に立ち、とりあえずインシュレーターの部分だけで原稿にまとめよう……そう思った時だった。石黒社長の口から、驚天動地の言葉が飛び出したのだ!

「人のサインでね、音が変わるんですよね」

……はい!???

コメント

8:匿名2016年5月19日 04:08 | 返信

あのさ、皆さん量子力学の素粒子の実験って知ってる?

詳しくはネットで自分で調べて貰えば良いけど、要点だけ言うと「観測者によって実験結果が変わる」って事。

数値で測れないこの手の事柄の議論は、どっちが正しいかより「好きな解釈をして楽しむ」が良いと思う。
これを「アホらしい」と思う人は無視すれば良い。「面白い」と思う人は自分でも実験して楽しめばいい。論争自体、時間の無駄。

7:匿名2016年3月13日 00:49 | 返信

そのオヤイデ電気商会ってのは2ちゃんねるでも今回のメーカー社長への露骨な誹謗中傷をやっているんだねhttp://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1456761563/
誰がどう見てもコメント3と同一人物のオヤイデ電気商会の社員や関係者が書いてるって一目で判るような書き込みしてて笑ったw今回のメーカー社長さんもこんなオカルトチックな取材受けてたら益々オヤイデ電気商会の粘着の格好の餌食になってしまうだろうに

6:匿名2016年3月12日 15:17 | 返信

オーディオ業界というのは評論家が真実を語ると雑誌から干されてしまうらしいです。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00S5TNKI2/ref=cm_cr_dp_see_all_btm?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=recent
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00ULU3LN2/ref=cm_cr_dp_see_all_btm?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=recent
また真実を語った評論家はメーカーに監禁拘束されたりイベントを妨害されたり降板させられたりするようです。雑誌にとって大切なのは真実を語る評論家や良質な製品を供給するメーカーよりも、よりお金を払う広告主みたいです。広告主の命令であれば評論家や競合メーカーを雑誌上から排除するという時代錯誤とも呼べるような暴挙がまかり通る恐ろしい世界のようですね。

5:匿名2016年3月11日 19:32 | 返信

と申しているのは、このメーカーに詐欺やヤクザ行為を告発された秋葉原の棒電材問屋ですね

4:匿名2016年3月11日 19:28 | 返信

と、製品詐欺を繰り返し、その詐欺を暴いた女性オーディオライターを監禁し雑誌圧力で連載を中止させ、この記事に登場しているメーカーを同じく雑誌圧力で音元出版のオーディオ誌から排除させたヤクザ電材問屋のオヤイデ電気商会が自爆しています。

3:匿名2016年3月11日 09:47 | 返信

この社長、業界から干されたり
某掲示板で自演して大炎上したり
トラブルメーカーだよね

2:匿名2016年3月11日 00:39 | 返信

こういう人たちは目隠しテストで差が出なくても、認めない上に難癖つけるからなぁ

1:匿名2016年3月10日 17:10 | 返信

結局、真相は何も分からないまま。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。