>  >  > 未来人の正体はAI? 人工知能の人類に対する恐るべき本音が明かされる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

AI

,

白神じゅりこ

0601jinkoutinou_02.jpg
※イメージ画像:『人工知能とは』

 5月15日NHK総合にて、NHKスペシャル『天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』が放送されるなど、人工知能(AI)の進化が、注目を集めている。

 同番組では、将棋界最高の頭脳を持つ・羽生善治をナビゲーターに、世界各国の人工知能開発の最前線を紹介。人工知能が人間の頭脳を超え、さまざまな分野に進出している模様を放送した。


■自分で学習する人工知能

 番組では、Googleが開発した囲碁の人工知能「アルファ碁」が取り上げられた。今年の3月に世界のトップ棋士・韓国の李セドルに圧勝し、「人工知能が人間に勝つまであと数年はかかるだろう」という予想を覆したことを覚えている方も多いのではないだろうか。

「アルファ碁」は、Google傘下のグーグル・ディープマインド社によって開発されたAIだ。ディープマインド社は、人間の頭脳の働きに着想を得て人工知能を作り、ニューラルネットワークという技術を組み込むことで、人間の直感に準ずるものを装備させた。そしてさらにコンピューター自らが学習するシステム「ディープラーニング(深層学習)」を開発したという。

 これまでの人工知能は、いちいち人間がコンピューターに教え込まないといけなかったのだが、「ディープラーニング(深層学習)」が導入されたことでその手間が省け、さらに人工知能の進化は加速度的に増したのである。

 その技術は、今や、専門の医師でも見つけられないような1ミリに満たないガンを早期発見する画像診断システム、自ら学習し自動運転する車、渋滞を予測して解消する都市の交通システム制御、企業内の職員の不正を予測し、未然に防ぐ監視システムなどさまざまな分野にまで及んでいる。

コメント

2:匿名愛知の熊五郎2016年11月11日 19:00 | 返信

私も未来人の話はA1だと思います。技術情報が今の延長線上の場合が多い事。宇宙人の来訪によるルネッサンスが無い事です。宇宙人の文化とその後なんて機械じゃあ無理でしょう笑!

1:匿名2016年6月15日 16:23 | 返信

2ちゃんネタが無ければそこそこいい記事だったのに・・・

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。