• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 娯楽の少なかった時代、いわゆる “見世物小屋” は人々の楽しみのひとつでもあった。サーカスや動物園、フリークスや蝋人形展示など、さまざまな要素をミックスさせて各地を巡業していたのだ。


■身長3.7mの双頭の巨人「Kap Dwa」

 これを興行として成功させたのは、19世紀、アメリカ人の「大ホラ吹き」ことP・T・バーナムだったが、世界各地の伝説や物語を織り交ぜながら、さまざまな動物の死骸からドラゴンやユニコーンなどの空想上の生物の剥製を作り、見世物にして多くの客を動員した。

 しかしながら数あるアトラクションの中でも、最も有名で人気のあったのは「Kap Dwa」と呼ばれた双頭の巨人のミイラだ。はるかさかのぼること大航海時代の1673年、スペイン人が南米パタゴニアで発見し捕らえたと伝えられており、身長はなんと3.7mを超えるほどだったという。

twoheadedgiant1.JPG
身長3.7mの「Kap Dwa」 画像は「YouTube」より

 船のメインマストにくくり付けられて、生かしたまま本国へ連れて帰る予定だったが、逃げようとするKap Dwaと船員たちの激しい攻防戦の末、巨人は胸を刺されてそのまま死亡してしまったそうである。

 その後の詳細は不明だが、判明しているところではミイラは19世紀にイギリスに渡り、1914年よりノース・サマセット地区にあったエドワーディアン・ホラー・サーキットという見世物小屋で45年間展示され続けた。

twoheadedgiant2.JPG
「Kap Dwa」の頭部 画像は「YouTube」より

 1959年にトーマス・ハワードなる人物に購入されて、さらに何人かの手を経由してから米メリーランド州ボルチモアでロバート・ガーバー夫妻がオーナーの、アンティークを扱う会社の所有となり、コレクションの一部として飾られることになったのである。ガーバー氏はミイラの出処について、「犯人は不明だが胸を槍で刺された状態でビーチで発見された。その後ミイラ加工され、現地パラグアイで崇拝されていた」という異なる説明をしている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。