>  >  > バチカンのタイムマシン「クロノバイザー」とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 世界最小の独立国でありカトリック教会の総本山であるバチカン市国――。この地にはいくつもの秘密が隠されているという。そのひとつが過去の出来事を自由に見ることができる“タイムマシン”の存在だ。

hiddentimemachine1.JPG
バチカン市国 画像は「Wikipedia」より

■バチカンが秘匿する「クロノバイザー」とは?

 アメリカのSF作家、T・H・シャーレッドの『E for Effort』(1947年)は、コアなSFファンでもなかなか知らない名作だが、何度か邦訳もされており、『タイムカメラの秘密』(国土社)と題して単行本になり、『努力』という邦題で雑誌掲載もされている。多少ネタバレになってしまうが、話には過去に起こったすべての出来事を映像で映し出す「タイムビューワー」が登場し、この不思議なデバイスをめぐってFBIやKGBまでもが入り乱れて争奪戦を繰り広げるSFサスペンスだ。

 SF小説に登場した「タイムビューワー」だが、実は夢物語でもなんでもなく、バチカンの地に秘匿されているというまことしやかな噂がある。呼び名は異なり、その名も「クロノバイザー」だ。

 クロノバイザーは1950年代に、博学の聖職者でありエクソシスト(悪魔祓い師)であるペッレグリーノ・エルネッティ(1925-1994)が主宰する科学者集団によって開発されたといわれている。機器本体を写した写真などは残されていないというが、超常現象ジャーナリストのジョン・チャンバーズ氏によれば、クロノバイザーは確実にバチカンに存在し、過去を“見る”性能を現在もまだ有しているということだ。この事実を知られないために、バチカンは細心の注意を払って外部には一切情報を漏らさないよう代々箝口令が敷かれているという。特に邪悪な意図を持つ諸勢力の手に渡ることを最も警戒しているらしい。

hiddentimemachine2.JPG
ペッレグリーノ・エルネッティ(1925-1994) 画像は「UFOmania」より

 そもそもクロノバイザーは開発の段階から極秘のデバイズだったのだが、2002年にフランソワ・ブリュヌ神父(1931-)が出版した著書『Le nouveau mystere du Vatican(The Vatican's New Mystery)』で初めて解説され、その存在が知られることになった。機器の形状としては家具のキャビネットのような外観と大きさで、音声を発するスピーカーと、ブラウン管(CRT)モニターが装備され、各種のボタンやレバーが配置されていたということだ。

hiddentimemachine3.JPG
フランソワ・ブリュヌ神父 画像は「UFOmania」より

 ブリュヌ神父は、同じ聖職者としてエルネッティと親交があり、このクロノバイザーを使ってエルネッティは「キリストの受難」や、共和政ローマ時代の作家で戯曲家のクイントゥス・エンニウスが手掛けたものの断片しかスクリプトが残っていない幻の戯曲『ティエステス』の劇場上演を“目撃”した話を聞かされたということだ。

hiddentimemachine4.JPG
クロノバイザーが映し出したといわれるキリストの姿 画像は「UFOmania」より

コメント

5:匿名2017年2月24日 21:01 | 返信

何もかもわかっていない
まず理由に挙げてる英国のEU離脱でいえば独立した英国国教会だろ
宗派の違いもわかっていないのか
だから北アイルランドでカソリック系IRA対英国で血みどろの抗争繰り広げたんだろ
そもそもオランダベルギーなどはバチカン関係なしのプロテスタントだから。
それにフォンブラウンはロケット技術者なのになんでタイムマシン作れる
物理学者じゃないだろ
そもそも現在の物理学では過去にはどうやってもさかのぼれない。
それにカソリックの聖職者区分でいえば神父は一番下っ端だから
その上に司祭-司教-大司祭と続くんだよ
それに共産主義崩壊で宗教否定のソ連にぶんどられていた東欧の教区取り戻しつつあるし
中国での信者数もうなぎ登りバチカンの権威、財政基盤的には近年更に強まっている。
それにこれは過去を見れるだけで、改変不可能だから
ある程度の歴史研究終わったら何やるんだよ
あるんなら邪馬台国どこにあったか、龍馬暗殺した奴見ろよ。
どこもかしこもインチキだらけの馬鹿をだますだけの内容だ

4:黒野2016年12月14日 02:29 | 返信

見る人の意識を利用した、過去を見る装置ではあるまいか。

フォン・ブラウンと言えば、ペーネミュンデで、アルデバラン星人を名乗ったエイリアンまたは悪魔とコンタクトしながら、UFO・反重力装置を研究していたことで有名で、敗戦後に米国に移住してNASAに入った。

十分あるえる噂話だと思う。

3:匿名2016年11月 5日 07:18 | 返信

現場にカメラがないと不可能じゃないの?
どんな仕組みだろ

2:匿名2016年11月 4日 20:01 | 返信

この事実を知られないために、バチカンは細心の注意を払って外部には一切情報を漏らさないよう代々箝口令が敷かれているという。


2002年にフランソワ・ブリュヌ神父(1931-)が出版した著書『Le nouveau mystere du Vatican(The Vatican's New Mystery)』で初めて解説され、その存在が知られることになった。

矛盾してない?w

1:匿名2016年11月 4日 16:28 | 返信

ここの記事 東スポよりタチ悪いな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。