500年間凍っていた少女! まるで生きているよう!? ~ミイラでわかった、インカ帝国の生贄の実態~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
500年間凍っていた少女! まるで生きているよう!? ~ミイラでわかった、インカ帝国の生贄の実態~
「マチュ・ピチュ」で有名なインカ帝国は「神」に生贄として命を捧げてきた。人身御供とも呼ばれるこの行為は「カパコチャ」として知られ、飢饉や皇帝崩御の神事の際に国の安泰を願い行われてきたという。今回は、過去に話題になったニュースとともに、カパコチャの実態に迫ってみよう。 1999年。アンデス山脈で500年前に生贄となった子どもたちのミイラが凍ったまま発見された。ほぼ原型のまま冷凍保存されていたこれ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア