超高級フカヒレになってしまったのか?

中国のトンデモ光景! “世界最大の絶滅危惧魚”を運ぶ漁師の姿がスゴいことに…!

関連キーワード:

,

,

,

中国のトンデモ光景! 世界最大の絶滅危惧魚を運ぶ漁師の姿がスゴいことに…!の画像1画像は「The Daily Mirror」より

 これだけの巨体を、一体どうやってトラックに載せたのだろう。中国・福建省で、捕獲した巨大なジンベエザメを自らの手で運搬する漁師の姿が激写され、話題を呼んでいる。

 英紙「The Daily Mirror」が今月4日に報じたところによると、その漁師とはカイ・チェンツーさん(48)。彼が今回捕獲したジンベエザメは、体長4.5m、体重2トンにもなると考えられている。トラックの上に縛りつけられた巨体は、荷台から大きくはみ出し、尾びれが前方視界を遮ってしまうほどだ。

 漁船の船長であるチェンツーさんは、地元メディアの取材に対して次のように語っている。

「この巨大な生物は、私たちが仕掛けていた網を突き破り、その中にいた魚を食べようとしました」
「(ジンベエザメは)逃げようとしていたけれど、間もなく死んでしまったのです」

 そして、チェンツーさんは息絶えたジンベエザメを岸まで曳航して引き揚げた後、買い取ってもらうために卸売市場へと運搬したのだという。今回の写真は、まさにその最中、驚いた街角の人々によって撮影されたもののようだ。

 大きいものは体長10mを超え、100年以上生きることもあるジンベエザメ。この世界最大の魚は、ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されており、中国でも捕獲や売買が禁じられているが、チェンツーさんは全く気にかけていない様子だ。中国においてジンベエザメのフカヒレは最上級のものとされており、そのため密猟も後を絶たないとも伝えられている。

 今回のジンベエザメのその後の行方は明らかになっていないが、漁業局の調査が入る前に、市場で1万~2万元(約16万~32万円)ほどの価格で売れたのではないかと考えられている。
(編集部)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

100%幽霊が出る心霊スポットとして現在TVやネットで話題沸騰中の俳優レッ...

2022.05.13 18:00異次元
矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.08 09:00異次元
田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.01 09:00異次元
“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.04.28 18:00海外
5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.05.20 15:00異次元

中国のトンデモ光景! “世界最大の絶滅危惧魚”を運ぶ漁師の姿がスゴいことに…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル