超高級フカヒレになってしまったのか?

中国のトンデモ光景! “世界最大の絶滅危惧魚”を運ぶ漁師の姿がスゴいことに…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

WhaleShark.jpg画像は「The Daily Mirror」より

 これだけの巨体を、一体どうやってトラックに載せたのだろう。中国・福建省で、捕獲した巨大なジンベエザメを自らの手で運搬する漁師の姿が激写され、話題を呼んでいる。

 英紙「The Daily Mirror」が今月4日に報じたところによると、その漁師とはカイ・チェンツーさん(48)。彼が今回捕獲したジンベエザメは、体長4.5m、体重2トンにもなると考えられている。トラックの上に縛りつけられた巨体は、荷台から大きくはみ出し、尾びれが前方視界を遮ってしまうほどだ。

WhaleShark_2.jpg画像は「The Daily Mirror」より

 漁船の船長であるチェンツーさんは、地元メディアの取材に対して次のように語っている。

「この巨大な生物は、私たちが仕掛けていた網を突き破り、その中にいた魚を食べようとしました」
「(ジンベエザメは)逃げようとしていたけれど、間もなく死んでしまったのです」

WhaleShark_3.jpg画像は「The Daily Mirror」より

 そして、チェンツーさんは息絶えたジンベエザメを岸まで曳航して引き揚げた後、買い取ってもらうために卸売市場へと運搬したのだという。今回の写真は、まさにその最中、驚いた街角の人々によって撮影されたもののようだ。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。