どう見てもオッサン!? 哀愁ただよう動物・リアちゃんが“キモかわいい”! 何の動物だかわかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
wombat.jpg画像は「The Daily Mail」より

 クッションに腰掛けて不敵な笑みを浮かべる、この生物。葉巻が似合いそうな大物感漂うポーズをキメていますが、ある動物の赤ちゃんです。さて、一体なんの赤ちゃんでしょう?

 正解は……ウォンバット! オーストラリアに生息する有袋類の赤ちゃんです。性別はメスで名前はリアといいます。リアちゃんは現在、オーストラリアの野生動物保護センターで暮らしていますが、それまでにはどうやら大変な経緯があったようなのです。

 英紙「The Daily Mirror」が今月21日に報じたところによると、彼女が発見されたのはビクトリア州キングレイクを通る高速道路でした。道路の路肩に、車に衝突したと思しきウォンバットが倒れている事に気づいた男性は、確認のために近寄ってみました。すると、すでに息絶えていたメスのウォンバットのお腹の袋に、小さな赤ちゃんが生きていることを発見したのです。発見時は、死んだ母ウォンバットのお乳をくわえながら震えていたといいます。

wombat_3.jpg画像は「The Daily Mirror」より

 男性はすぐさま野生動物保護センターに電話。職員のキム・ハンターさん(48)が駆けつけ、保護しました。そう、この赤ちゃんウォンバットこそがリアなのです。

「到着した時リアは冷たくなっており、体重は300グラムほどしかありませんでした」
「彼女はとても幸運でした。怪我はしていませんでしたが、あと数時間発見が遅れたら死んでいたでしょう」

 このように語るキムさんは、その後リアを助けようと必死に世話しました。

「リアはまだ若すぎて体毛も生えていません。ですから温めたマットの上にリアを乗せてあげています。また、4時間おきに哺乳瓶でミルクを与えています。夜だろうと関係ありません」(キムさん)

 そんな努力の甲斐もあって、リアは無事に回復し、現在は体重も650グラムに増えたといいます。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。