「絶滅の危機」なんて真っ赤なウソ!? シロナガスクジラの目撃相次ぐ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

■米国での目撃例

 さて、英国でシロナガスクジラが目撃された1週間後には、米国・カリフォルニア州モントレー湾でもシロナガスクジラが突如テレビ放映中に姿を見せた。冒険家でナチュラリスト、そしてBBCのTV番組『ワイルドライフ』プレゼンターのスティーブ・バックシャル氏が、クジラの専門家である動物学者のドリス・ウェルチ氏に船の上でインタビューしていた時の事だった。

 ビデオの中でバックシャル氏は、「16年前にシロナガスクジラを撮影しろと言われたら、それは不可能だって答えていたよ。それが今ここに泳いでいるのは、本物の、生きている、シロナガスクジラなんだ!!」とテレビカメラを忘れるほど大喜びしていた。

 英国と同様に、カリフォルニアでも、シロナガスクジラの個体数は1966年以来順調に増え続け、現在は捕鯨禁止以前の個体数に戻っていると考えられている。

カリフォルニアでTVカメラの前に姿を現したシロナガスクジラ 動画「BBC」より

 ほとんど同時期に、英国と米国で生きているシロナガスクジラが目撃されたのは、果たして偶然の一致なのだろうか。何とも不思議な現象である。しかし、一時は絶滅の危機に瀕したシロナガスクジラを守るのは今、人間の叡智にかかっている事は確かだ。
(文=三橋ココ)


参考:「The Guardian」、「Mirror」ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。