【古代遺跡と古代人の謎】ストーンヘンジ周辺住民の“真に優雅な生活”が明らかに!!

関連キーワード:

,

,

 ロンドンから西に約200kmに位置するストーンヘンジは、1986年に世界遺産に認定されたストーンサークルで世界で最も知られた古代遺跡のひとつである。考古学者によると、この巨大な石柱は、紀元前2500年から紀元前2000年の間に作られたと考えられているが、一体誰が何のために作ったのか長い間謎のベールに包まれてきた。機械もない時代、このような巨石を人力で運ぶのにはさぞ労力がかかっただろうことは想像に難くない。ストーンヘンジを建てた人々はよほどスタミナのつく食事をしていたのだろうか。ジューシーなハンバーグ、超ビックサイズのステーキ……。

■ストーンヘンジは皆が楽しんで作っていた!?

【古代遺跡と古代人の謎】ストーンヘンジ周辺住民の真に優雅な生活が明らかに!!の画像1画像は「DailyMail」より

 当時、新石器時代のブリテン諸島で暮らしていたのは半遊牧民のウィンドミル・ヒル人と呼ばれる人々だ。イギリスの主要な先住民族のブリトン人が、ヨーロッパ大陸から移住してくるのはその1000年も後の話である。ピラミッドのように古代巨大遺跡と聞けば目的は不明にせよ、多くの奴隷が血と涙を流して苦役についていたというイメージがあるが、最近の発見によってどうやらそうではないということがわかってきたのだ。

 ストーンヘンジ遺跡より約2.7キロ離れたダーリントン・ウォールズと呼ばれる場所から同時期の食器類が発掘され、それらの付着物を科学的に調査した結果、古代人達は「ヨーグルトやチーズ、ローストした豚肉」といった、当時としてはとても豊かな食事を採っていたことが明らかになった。ヨーク大学の考古学者達はこの発見より、ストーンヘンジは奴隷などではなく、「古代人自らすすんで、豊かな食事を楽しみながら」建設に従事していたとみている。そして、ダーリントンはストーンヘンジ建設に関わった古代人たちの生活の場であったとも推測されている。日が暮れ、ストーンヘンジでの仕事が終わるとダーリントンに戻り、楽しい会話とリッチな食事に舌鼓を打っていたのだと想像すると、なんともロマンチックな話である。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

【古代遺跡と古代人の謎】ストーンヘンジ周辺住民の“真に優雅な生活”が明らかに!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル