5歳で7カ国語を操った超・天才少年! テレパシー能力も備えている可能性が浮上

関連キーワード:

,

,

,

,

 言葉や表情ではなく、人の心から直接その心理を読み取る超能力の一種であるテレパシーはフィクションの世界でのみ存在すると思われていた。しかし、ハーバード大学の研究者たちによって行われる科学的なテレパシーの実験に向けて、今注目されている“ある少年”について11月16日付の米情報サイト「Oddity Central」が報じた。


■嘘か本当か? 人の心を読む驚異の5歳児!!

 アメリカのロサンゼルスに住むラムセス・サンギーノ君(5歳)は並みの少年ではない。彼の母親がネット上に投稿した動画の中で、ラムセス君が見ていないところで母親の書き出した数字を暗唱したり、英語辞書に載っている中で一番長い45文字の英単語の綴りを前と後ろの両方から書いたりと5歳児では考えもしないであろうことをいとも簡単にやってのけるのだ。

 ラムセス君は自閉症と診断されているが、その中でも知能に遅れを伴わない高機能自閉症児であるという。そしてその映像が科学者たちの目にとまったのである。

5歳で7カ国語を操った超・天才少年! テレパシー能力も備えている可能性が浮上の画像1本に囲まれるラムセス君。元素の周期表を見ているようだ 画像は「Youtube」より 画像は「Barcroft TV」より

 母親のニークス・サンギーノさんは「息子は赤ちゃんのときから本を読むのが好きな子でした。生後12カ月から本を読み始め、英語やスペイン語、ギリシャ語と日本語が話せました。1歳半になると掛け算表を英語とスペイン語で暗記し、元素の周期表と原始核の中にある陽子の個数を表す原子番号も言えるようになりました」と語る。

 ニークスさんは息子が他の天才児と呼ばれる子供たちとは全く違うと確信しているが、その理由の1つとしてニークスさんが教えた知識以上のものをラムセス君が持っていることを挙げている。

 ニークスさんは「息子にいくつかの言語を教えたのは私ですが、それ以外のヒンディー語、アラビア語、ヘブライ語を3歳で覚えたことに関してはどうしてなのかわからないのです。しょっちゅうつけっぱなしになっているパソコンが原因かもしれません」と語る。

人気連載
西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に様々...

人気連載
あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

■モテない理由 「公園で、子どもたちが何かを見て『仲良し...

5歳で7カ国語を操った超・天才少年! テレパシー能力も備えている可能性が浮上のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル