2015年の画期的治療法ベスト7! 脳への直接コミュニケーション、男性器移植…!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

2015年の画期的治療法ベスト7! 脳への直接コミュニケーション、男性器移植…!の画像3Medical Daily」より

●幹細胞によりゲイカップルも子作りが可能に
 ケンブリッジ大学とイスラエルのワイツマン科学研究所の研究チームは、同性カップルそれぞれの皮膚細胞を使うことで、子どもを作ることが可能になると発表した。お互いの皮膚細胞をもとに作成した幹細胞を卵子や精子にするというもので、同性同士でも双方と血のつながった子どもの親になれるのである。研究チームのジェイコブ・ハンナ氏は「2年後には、始原生殖細胞からベビーを作ることが可能になる」と話している。

●世界初男性器移植に成功
 南アフリカのステレンボッシュ大学は、世界初となる男性器の移植手術に成功したと発表した。死亡した男性から男性器の提供を受けたのは、3年前に割礼の失敗により男性器を切断した21歳の若者。医療チームとしては、2年後をメドに機能回復を目指していたところ、術後の回復が目覚ましく、わずか3カ月で排尿機能はもちろん生殖機能まで完全回復したことから、今回の発表に至ったと説明する。実に喜ばしい限りだ。

2015年の画期的治療法ベスト7! 脳への直接コミュニケーション、男性器移植…!の画像4CNN」より

 まさに医学の世界は日進月歩。2016年も私たちを驚かせてくれることを期待したい。
(文=佐藤Kay)

参考:「Medical Daily」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

2015年の画期的治療法ベスト7! 脳への直接コミュニケーション、男性器移植…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル