【驚愕】なんという思いやり! ザトウクジラがシャチの攻撃からアザラシを救出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

 利他的行動は人間をはじめとして多くの動物で見られるが、そのような行動が種を越えることはやはり珍しい。だが、ザトウクジラにとってはそうでもないらしい。『Mysterious Universe』によると、彼らはシャチの群れに襲われたアザラシを身を挺して助けているというのだ。

 アメリカ海洋大気庁の海洋学者ロバート・ピットマン氏は、2009年の南極での調査中、ザトウクジラがシャチの群れに襲われたウェッデルアザラシを救助する光景を目撃した

 シャチの群れは流氷の上にいたアザラシを襲い、一頭を海に落とした。シャチは英語のKiller whale(殺し屋クジラ)、学名のOrcinus orca(『冥界からの魔物』という意味)という呼び名にふさわしい、まさに海の狩人だ。シャチは群れで獲物を追い詰め、海に沈めて窒息死させる。だが、危機一髪のアザラシの元へ、ザトウクジラたちが近づいてきた。ザトウクジラはくるりと回転して背泳ぎのような格好になり、二つの胸びれの間にそのアザラシ(推定180kg)を乗せた。波に洗われて海に落ちそうなアザラシを、ザトウクジラはひれで優しく支えたという。やがてシャチは獲物を諦めて去って行った。

killerwhale_02.jpg画像は「Mysterious Universe」より引用

 この驚くべき光景を目撃したピットマン氏は海洋科学者たちに情報を求めた。彼の元へは31件もの同様の事例が寄せられた。シャチの魔の手から助けられた動物の中にはザトウクジラの幼獣もいたが、判別できた事例のほとんどはアザラシだったという。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

2:匿名 2018年10月9日 06:02 | 返信

アザラシが落ちないようにヒレで支えるってのは
確実に意思がある行動な訳で…。
凄いなぁ。
どんな関係なんだろう。

1:匿名 2016年8月5日 18:34 | 返信

シャチを威嚇したらたまたまシャチがアザラシを食べる瞬間やったてだけやん

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。