母乳アイス、うんこソーセージ、精液カクテルも! 人体の一部を使った7つの食品がヤバすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

,

,

■精液由来食品(Semen-based foods)

7grosshumanfoods6.JPGLive Science」の記事より

 日常生活で精液を口にすることは、稀とは言えないかもしれない。しかし、一部の人々はさらに深くこれを追及する。2011年に行われた英公共放送BBCの非公式な実験で、3人の女性によって、食べ物がパートナーの精液の味に影響を与えているかどうかが調べられた。その結果、3人中2人の女性は、食べ物がパートナーの精液の味に影響しており、その違いを区別できると主張している。

 そして精液を使った料理本も出版されている。題名は、『Natural Harvest: A Collection of Semen-Based Recipes(自然の収穫:精液を用いたレシピ集)』(CreateSpace Independent Publishing Platform/2008年)だ。アマゾンのウェブサイトには、その本に43のレビュー(多くはからかい半分)が寄せられている。同書の著者ポール・“フォシ”・フォテンハウア氏は、精液を使ったカクテルのレシピ本も出版している。


■人を欺く食品(Deceptive foods)

7grosshumanfoods7.JPGLive Science」の記事より

 世の中には、多くの汚染食品が存在する。それらには、吐き気を催すこと請け合いだ。中国では、皿やスポンジ製品に使われる「メラミン樹脂」を加えた牛乳や、発光バクテリアが混入し、暗闇で青く光る「アバター豚肉」などの汚染食品が次々と見つかった(ちなみに「アバター豚肉」は、十分に加熱調理をすれば食べても安全らしい)。しかし米国も例外とはいえず、数年前には「ピンクスライム」事件(バクテリア除去のため、牛ひき肉にアンモニアを加えていた事件)が発生し、大騒ぎとなった。


 母乳や乳児の便に人間にとって非常に有用な菌が含まれていることは、以前から指摘されている。それらが、今後「精錬」された形で加えられた食品がスーパーマーケットでに並ぶ日もそう遠くはないはずだ。皆さんは試してみたい? それとも断固拒否だろうか?
(文=三橋ココ)

参考:「Live Science」、ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。