人類以前(25億年前)に「複雑な生命体」が存在していた可能性! 地球生命史に大革命か?

 人類以前にも複雑な生命体が存在していた可能性を示唆する研究結果が、このほど科学雑誌「米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)」に掲載され、大きな話題となっている。


■25億年前に大量の酸素が存在、複雑な生命体が活動していた可能性も

【最新研究】人類以前(25億年前)に「複雑な生命体」が存在していた可能性! 地球生命史に大革命か?の画像119億年前のストロマトライト「UW Today」より引用

 米ワシントン大学の「WU Today」(1月17日付)によると、同大学のチームが堆積岩に含まれるセレン(いおうに似た元素)の同位体比を計測したところ、なんと20~25億年前の地球にも複雑な生命体が活動できるだけの酸素が存在していたことが判明したというのだ!

「確定したわけではありませんが、20~25億年前に複雑な生命体が存在していた可能性があります」(研究チームのロジャー・ビュイック氏)
「17.5億年前の化石は見つかっていますが、それほど古い化石が保存されることは非常に稀ですから、化石の発見は生命の存在を証明する不可欠の要素ではありません」(同)

 通説では、地球上にバクテリアなど原始的な生命が誕生したのは40億年前ごろだと推定されているが、複雑な構造をした霊長類が出現したのはおよそ6500万年前で、25億年前はまだまだバクテリア全盛の時代とされていた。つまり、もしも20~25億年前に複雑な生命体が存在したとしたら、地球の生命史が大きく書き換えられる大発見となる。

【最新研究】人類以前(25億年前)に「複雑な生命体」が存在していた可能性! 地球生命史に大革命か?の画像2画像は「EWAO」より引用

 さらに、これまでの研究では地球の酸素量は徐々に増えてきたと考えられてきたが、ビュイック氏によると、2.5億年ほどのピーク期間があり、その前後では減少しているそうだ。そして、これに伴いそれまで存在していた生命体も姿を消したという。しかし、急激な環境変化が引き起こされた原因については分かっていない。

「セレンの同位体比記録をみてみれば、不可解なインターバルがあるのが分かります。この期間の前後では地球環境が全て変わってしまったといえるでしょう」(同)

■複雑な生命体とは一体何か?

【最新研究】人類以前(25億年前)に「複雑な生命体」が存在していた可能性! 地球生命史に大革命か?の画像3画像は「Sick Chirpse」より引用

 以前からトカナでは人類とは別種の知的生命体が超古代に存在していた可能性を指摘してきた。たとえばヒト型爬虫類「レプティリアン」も有史以前から存在した超古代文明の生き残りだといわれている。陰謀論では、エリザベス女王やドナルド・トランプ米大統領なども人間に扮したレプティリアンであり、ひそかに全人類の奴隷化を目論んでいると噂されていることはトカナ読者にもお馴染みだろう。

 オカルト的な視点からすると、今回の発見とレプティリアンとの間には何か深い関係があるのではないかと疑ってみたくもなるが……。果たして、彼らは25億年前から地球に存在したのだろうか? それはレプティリアンに直接聞いてみるまで分からない。
(編集部)


参考:「UW Today」、「EWAO」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ