知らないと損、古代エジプト神話『人類滅亡の物語』の強烈内容とは? 人類の敵となった超残酷女神セクメトを徹底解説!

知らないと損、古代エジプト神話『人類滅亡の物語』の強烈内容とは? 人類の敵となった超残酷女神セクメトを徹底解説!の画像1セクメト 画像は「Wikipedia Commons」より引用

 時間と共に衰える肉体を持っていたが故に、神でありながらヨボヨボの痴呆老人と成り果てていた太陽神ラーは、自分を敬わない人間に対する憎しみと怒りから、復讐と破壊の女神セクメトを創り出しました。

 ラーから「世界中の人間を皆殺しにせよ」という使命を受けたセクメトは人間の虐殺を続け、やがて人間は滅亡寸前までに追い詰められてしまいます。果たしてエジプトの神々は、この女神の蛮行をどのようにして止めたのでしょうか。

・ 前編はコチラ:古代エジプト最強の女神「セクメト」による殺戮神話『人類滅亡の物語』がエグすぎる!


■ボケ老人のやりすぎた天罰

 ここまで追い詰められてようやく、他の神々は重い腰を上げました。セクメトを創ったラーに対して「いい加減にしないと人間がいなくなってしまう。人間が滅亡すれば、誰も我々を敬えなくなる。さらに地上はセクメトのせいで大混乱、今や誰も我々に対して供物や祈りを捧げていない」と、その責任を追求するのです。

 神話の文脈から読み取るに、ラー自身は人間に少しお灸をすえる程度に考えていたと見られます。また、他の神々から追求も受けたこともあってか、「さすがにやりすぎた」と後悔しはじめました。

知らないと損、古代エジプト神話『人類滅亡の物語』の強烈内容とは? 人類の敵となった超残酷女神セクメトを徹底解説!の画像2エジプトの砂漠が赤いのは、セクメトに殺された大量の人間の血が染み込んだため、という伝承がある。 画像は「Wikipedia Commons」より引用

 また、生みの親であるラー自身が、セクメトのあまりの残虐さを恐れはじめたこともあり、結局ラーはセクメトを呼び戻し「確かに人間を殺せ、と命じたが、これほどやれとは言っていない、もう十分だ」と諌めます。

 しかしセクメトは「私は世界中の人間を皆殺しにするためだけに、あなたが創り出した存在です。いまさら口出しなどされても後には退けませんし、何より人間を殺すのが楽しくてたまらないのです」と、人間の虐殺を止めようとはしなかったのです。

 このままでは本当に人類が滅亡してしまう、と慌てたラーは急いで神々を集め、セクメトを止める手段を考え始めます。というのも、太陽神ラーが全力を尽くして創り出しただけあって、セクメトの破壊と殺戮の力はあまりにも強く、全ての神々の力をもってしても、その動きを止めることすらままならなかったのです。

知らないと損、古代エジプト神話『人類滅亡の物語』の強烈内容とは? 人類の敵となった超残酷女神セクメトを徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで