【取材】20年以上“人間のマンダラ”を撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!

関連キーワード:

,

,

,

■政治、歴史、民族性からくる困難と葛藤

【取材】20年以上人間のマンダラを撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!の画像11

タイトル:ダルビッシュ・G・ゼイペック 北側、イェロラコス/アライキョイ 2017。主役のダルビッシュ・G・ゼイペックさんは、人種や国籍など関係なく子供たちにダンスを教えている。大人の決めたルールで子供の権利が奪われている状況を、ゴミ箱のなかに入れられた子供たちという比喩で表現した。ダルビッシュさんは、そんな子供たちの幸福を祈り続けている。


 実際の撮影は予想通りにいかず、トラブル続きだったと宇佐美さんは言う。文化も言葉も人種も違うキプロスでは日本と勝手が全く違う。およそ1年の制作期間で、宇佐美さんは、幾度もトラブルと困難に直面した。

「撮影に入る前は現地人のオーガナイザーを立てて細々した仕事をやってもらう予定でした。でも、実情は全然違った。肝心のオーガナイザーが個人的な都合で早々にいなくなったり、契約書を交わしていたのにその組織のサポートを受けられなくなったり。ギリシャ語とトルコ語がメインの地で、知り合いもいない状態で、制作を手伝ってくれる人が誰もいなくなったのです。にもかかわらず、EU他からの助成で得た予算は組織が握っていて、自由に使うことはできない。他にも、予想外のトラブルの連続でした」(宇佐美氏)

【取材】20年以上人間のマンダラを撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!の画像12

タイトル:クルトゥルシュ・アルタイリ 北側アウルダーグ/アイルダ 2017。キプロスでは両地域とも徴兵制があり、兵役義務は50歳まで続く。背景ではクルトゥルシュ・アルタイリさんの家族が食事をする日常の生活を描いている。テーブルの上には北側を代表するビール、エフェスが。銃口にさした花は平和への願いを表している。


 イスラム教の影響を受けた北の住民と、ギリシャ正教徒が中心の南の住民、そして、両者の対立の間に入る国連。政治的な利害関係が複雑に入り混じる地域でのプロジェクトだけに、当事者間の思惑とのギャップにも打ちのめされた。

「プロジェクトの前年、2015年には、近い将来に選挙が行われ、この2つの地域が1つになろうという機運が高まっていたんです。バッファゾーンにある空港で撮影をしようと国連の現地機関と折衝していた時、現地の国連職員は『君が写真でやろうとしていること2つの地域を1つにしようと動いている僕らと通じている。許可がおりるだろう』と言っていた。蓋を開けたら、両当局の交渉も一時的に中断し、国連に申請していたグリーンラインでの撮影許可も下りなかった」(宇佐美氏)

 衝撃的だったのは現地の宗教者との交渉だ。

「キプロスの様々な宗教組織はたまに集まり会合を行っています。私がこのプロジェクト交渉のため、ギリシャ正教の指導者と直接お会いした際に、会話の冒頭で彼は、宗教間を超えた、美しいエピソードをたくさんしてくれました。だからこの交渉の冒頭では、平和のためであれば、ギリシャ正教の指導者とイスラム教の指導者は一緒に1枚の写真に一緒に写ってくれるだろうと考えていたのです。イスラム教側も、これより以前に交渉した際に『ギリシャ正教が協力するならこっちも協力する』という姿勢でした。しかし結局、このギリシャ正教の指導者は、聞く耳を持ってくれなかった。『国を1つにという意思を私の作品でアピールすることは、あなたたちの目的にもかなっている』と説得しても、『その必要はまだない。早すぎる』と。確かに、計り知れない歴史と軋轢があるのは私にも理解できる。しかし、宗教者は平和に寄与する者だと思っていたのに、感情的なものが前に立ち、話が先に進まなかった。こちらは、一方的にお願いしている立場だから彼の意思に従うしかない。私の交渉のために4時間近い時間を取ってくれて、しかも紳士的に迎え入れてくれて、と感謝している部分もあるが、内容的にはかなり苦しい交渉でした」(宇佐美氏)

「地元の人々から聞いた話では、ギリシャ正教側はいまだに、キプロスの政治にも大きな力を持っている。彼らは、首都ニコシアの土地を多く所有していて大きな資金力がある。その資金は多くの人々に寄付されており、発言力もあるのでしょう。権力者こそ、柔軟な心で民のことを考えてほしいと願わずにはいられません」(宇佐美氏)

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

【取材】20年以上“人間のマンダラ”を撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル