【取材】20年以上“人間のマンダラ”を撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!

関連キーワード:

,

,

,

■宇佐美作品はなぜ強いのか

【取材】20年以上人間のマンダラを撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!の画像15

タイトル:パギョティス・マンセウ神父 南側、メランドラ 2017。背景にはギリシャ正教の教会があり、後方では信者たちがテーブルを囲み食事をしている。手前では伝統的なパンの製造プロセスを再現している。


 宇佐美さんの写真は強い。その理由はいくつかある。

 1つはマンダラのフォーマットが持つ普遍的な強さ。

 個人を中心に、その人に関わる事物を配置し1枚の写真に収めるマンダラは「個人を取り巻く世界の物語」を視覚化したものだ。そしてその「世界」は、個人の手の届く狭い範囲から広大な宇宙空間まで、無限の拡張性を持つ。友人知人の部屋という私的な世界からキプロスへと『Manda-la』が広がりを見せたのはここに理由がある。

 また、マンダラのコンセプトは極めてシンプルなため、国境や文化圏を超えてあらゆる事象に適用可能だ。たとえば、引きこもった若者の生活も国家間の戦争も「人を中心とした世界の物語」というフレームに収めることができ、観るものにとっても理解しやすい。

 この普遍性の高さに「写真」というメディウムそのものの強みが加わる。写真にはそこにあるものしか写らない。それゆえ、目の前の現実をそのまま写し出す際の説得力は、絵画やCGの比ではない。

 そして、作り手の発想を作品に落とし込むために必要不可欠な技術と高い熱量を、宇佐美さんは持っている。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【取材】20年以上“人間のマンダラ”を撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル