2800年前の封印された地下拷問室で“謎の人骨”が出土! 性別、死因、屈葬の理由… 何もかも不明で不気味すぎる!=英

2800年前の封印された地下拷問室で謎の人骨が出土! 性別、死因、屈葬の理由… 何もかも不明で不気味すぎる!=英の画像3画像は「Margate Caves」より引用

 フォースターの死後、洞窟は一旦閉鎖されたが、1863年にジョン・ノーウッドという商人が借り上げて「ヴォーティガンの洞窟」として公開した。ヴォーティガンとは、5世紀ごろにこの周辺を治めていた王の名だ。だが、この商売はうまくいかず、再び洞窟は閉鎖された。

 20世紀には教会の所有となり、戦時中は洞窟の一部が防空壕として利用された。戦後再び一般に公開されたが、ろくにメンテナンスされていなかったことから危険と見なされ、2004年に再び封鎖された。その後、開発計画が立ち上がって洞窟は存続の危機に立たされたものの、地元住民の尽力によって保護されることが決まり、2019年には再び公開予定となっている。


■隠されたダンジョン

 今回の発見は、洞窟の整備に先駆けた発掘調査の最中のことだった。調査によって、マーゲイト洞窟が二重構造になっていることも新たに判明した。過去にワインセラーとして使われていたメインの洞窟の下、小さな縦穴を抜けた先にもう一つ洞窟が隠されていたのだ。2800年前の人骨が見つかったのはここである。

 問題の場所がどのような用途で使われていたかは不明だが、一部では拷問室ではないかと噂されている。港町のマーゲイトは古くから船舶の重要な拠点であり、外敵からの襲撃を防ぐ防衛ラインの一部でもあった。マーゲイトには、西暦43年のローマ人によるグレートブリテン島侵入よりも前から砦が築かれ、その遺跡や遺物も発見されている。

2800年前の封印された地下拷問室で謎の人骨が出土! 性別、死因、屈葬の理由… 何もかも不明で不気味すぎる!=英の画像4画像は「Daily Mail」より引用

 古くから重要な防衛拠点であった港町、白亜の地下洞窟のさらに下に隠された拷問室とも噂される穴、そして当時の風習とは違う形で埋められていた2800年前の人骨――。一体どんなドラマが隠されているのか? まさに歴史のロマンである。

(編集部)

 

マーゲイト洞窟内部の様子。動画は「YouTube」より引用


参考:「Daily Mail」、「Express」、「Margate Caves」、ほか

人気連載
奇習! 東日本に存在した「デカ乳首」信仰! 少女の幼い乳首をピローンと引き伸ばして強制肥大…

奇習! 東日本に存在した「デカ乳首」信仰! 少女の幼い乳首をピローンと引き伸ばして強制肥大…

【日本奇習紀行シリーズ 東日本】  昔から「大は小を兼...

人気連載
今あなたが持つエネルギーがわかる4択占い! 超当たる占い師Love Me Doの「未来が変わる」アドバイス!

今あなたが持つエネルギーがわかる4択占い! 超当たる占い師Love Me Doの「未来が変わる」アドバイス!

■春夏秋冬タイプ診断 「神様があなたを“祝福”しようとし...

コメント

1:匿名 2018年5月19日 04:19 | 返信

どうして拷問室と噂されるのかが書かれてないから
ちょっとな・・。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。