月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される? 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」

 またしても月面に奇妙な物体が存在することが明らかになった。これまでにも「エメラルドシティ」、「月面を移動する宇宙人基地」、「ヘルメットを被った屈強なエイリアン兵士」など、あらゆる不思議な物体が発見されてきたが、なんと今回見つかったのは、「食べ残しの骨」である。

 問題の“骨”らしきものを発見したのは、世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏。同氏が運営するブログ「UFO Sightings Daily」の7月19日付の記事にその詳細が写真付きで紹介されている。

 ウェアリング氏によると、この物体を発見したのは2014年のことだが、今になって再び確認してみたのだという。使用したのはグーグルマップとのことだ。なにはともあれ、まずは画像をご覧いただこう。

月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される? 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」の画像1画像は「YouTube」より引用
月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される? 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」の画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 どこか見覚えがある形ではないだろうか? そう、魚の背骨にそっくりなのだ! 焼いたサンマの身をほぐして骨を取り出せば、ちょうどこれと同じ形のものが出てくるはずである。まさか月には兎どころかサンマまでいるのだろうか!?  しかも、この骨は1つだけではない。周囲にいくつも転がっているのだ。

画像だと分かりにくいが、ウェアリング氏の分析によると、実はこの“骨”の全長は100〜150m、幅は10〜15mもあるという。月の地下には大量の水が存在すると言われているが、まさかこんな巨大な魚がウヨウヨしているのだろうか? 少なくとも“かつて”存在した可能性は否定しきれないだろう。

月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される? 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」の画像3画像は「YouTube」より引用

 しかし、ウェアリング氏はこれを“魚の骨”とは見ていないようだ。コメントを引用しよう。

「これは居住用の構図物だとは思いません。おそらく、空気のろ過器、エネルギーの収集器、あるいはアンテナかもしれませんね。まだ残っていて嬉しいです」(ウェアリング氏)

 確かに見方によればフィルターのように見えなくもないだろう。しかし、これがフィルターだとして、いったい誰が何のために設置したのだろうか? そのヒントは、元CIAパイロットでUFO研究家のジョン・リア氏が語っている。

 リア氏によると、月にはヒューマノイド・エイリアンと言う人間型の地球外生命体が2億5千万人も住んでいるというのだ。すると、この“フィルター”は彼らが設置した空気清浄機という線も考えられるだろう。

 とはいえ、これは憶測の域を出ない。真相が明らかになるのはまだ先のことだろう。アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏が月に工場を移転し、人類も移住させる計画を発表しているが、それが実現すれば今回の謎も解決するかもしれない。


参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される? 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル