幽霊の声を受信する最新マシン「Spirit Box」登場! ゴーストハンター歓喜、オバケに質問し放題!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 ゴーストハンターの間で今、「P-SB7 Spirit Box」というツールが注目されているという。著名な超常現象研究家も使用し、海外の人気心霊番組にも登場しているこのツールを、海外のオカルトニュースメディア「Week in Weird」(1月24日付)でも取り上げている。

0205spiritbox-1.jpg画像は「Amazon.com」より引用

 

■幽霊の声を受信するレシーバー

 

 超常現象の研究ではこれまでも、赤外線カメラやデジタルレコーダー、電磁波測定器など様々な機器が用いられてきた。最近ゴーストハンターの間で人気があるというP-SB7 Spirit Boxもそんな機器の一つで、幽霊とコミュニケーションが取れるツールとして注目が集まっている。

 P-SB7 Spirit BoxはAM/FM放送の周波数帯をスキャンし、電子音声現象(Instrumental Transcommunication、ITC)を検出する機能がある。ITCはいわゆる「幽霊の声」を電子機器で検出したもので、超常的な存在と交信を試みるのによく使われている。P-SB7 Spirit Boxはノイズの中から幽霊の声を拾って音声化する機能を持つ。なお、外付けのスピーカーが付属しているが、実際の使用の際にはヘッドフォンと感覚を集中させるためのアイマスクの着用が推奨されている。

0205spiritbox-2.jpg画像は「Week in Weird」より引用

 このツールが脚光を浴びたきっかけの一つが、米国の有名なゴーストハンターであるカール・ファイファー氏らによる幽霊ホテルの調査だった。米コロラド州のスタンリーホテルは、元オーナーやその妻らの幽霊がたびたび目撃されることで知られており、作家スティーヴン・キング氏はこのホテルから傑作ホラー小説「シャイニング」の構想を得たといわれている。

人気連載
オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

石川翠のワールド・ミステリー・探訪【ウィーンの少女神隠し事件...

人気連載
あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

■あなたの“遊ばれやすさ”が判明! 「あなたが想像する“...

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年3月17日 01:04 | 返信

1氏、
受信するのが自分の脳なら
受信する人の言語で聞こえるんじゃない?
例えば何者かが赤いイメージを発信してきたとして、
英語圏の人はREDと感じとり、
我々は「赤」と感じる。
口に出すとき、文字に書く時は「赤」と言ったり書いたりする。

1:匿名 2019年3月16日 19:24 | 返信

日本語しかわからん
お化けの声っても
他の国の言葉だと
何言ってるかわからんぜよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。