生活保護者の指切断、ツケ地獄…証拠画像も入手! 大阪西成「あいりん地区」新手の貧困ビジネスが残酷すぎる

生活保護者の指切断、ツケ地獄…証拠画像も入手! 大阪西成「あいりん地区」新手の貧困ビジネスが残酷すぎるの画像1
画像は「Getty Images」より引用

 治安が悪く、大阪市民でも近寄るのを避けると噂されている大阪市西成区。この西成で特に評判が悪いのは「あいりん地区」と呼ばれるごく狭い一帯だ。

 ここ数年、このあいりん地区の人の流れが変わっている。

 インバウンド効果で安宿を求める外国人バックパッカーが増加したため、行政も西成の浄化を徹底するようになった。結果、覚醒剤の密売などは地下に潜るようになり、売買する場所も変わってきたのである。

 この地域の生活保護受給者は大阪の他の地域と比べて一段と多い。統計によると、大阪市全体の生活保護受給者は19人に1人だが、西成区では実に4人に1人である。西成区に生活保護受給者が多い原因の一つは、この街に住む労働者の高齢化と推測されている。高齢になって思うように働けなくなり、生活保護に頼る者が増加しているのだ。

 生活保護は最後のセーフティネットと呼ばれ、日本国民の当然の権利である。それを受給することは全く問題ではない。

 今回トカナで取り上げたいのは、その生活保護費をむしり取る貧困ビジネスの問題だ。貧困ビジネスとは、貧困層をターゲットにし、かつ貧困からの脱却を阻害・固定化するようなビジネスをいう。例えば過去にも、生活保護受給者の囲い込みなどが大きな社会問題となっている。大阪は貧困ビジネスによる問題が多発した地域であり、日本全国からNPOが視察に訪れるような場所でもある。

 最近、生活保護受給者を食い物とする新たな貧困ビジネスが、この地域で問題となりつつある。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ