【ガチ】死期が近づくと“見る夢”が変わる! “4つの変化”が顕著に…医師が公開した10年の夢記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

「死への恐怖の代わりに、死への恐怖を乗り越える何かが高まります。明らかになっていることとして、人々が口を揃えて言うには、それまで見ていた夢とは異なり、より現実的な光景であるということです」(カール医師)

 米・西ペンシルベニアのラジオ局「KADA」のスタッフは同施設の男性患者であるグレッグ・リエブラさんとカール医師が会話する様子を取材している。

●リエブラさん:私の祖母と祖父がどちらもやってきました。

●カール医師:彼らについての夢を見たということですか?

●リエブラさん:はい。何度も夢で彼らを見ています。

「彼を最も愛し、最も養育してくれたのは祖父母であり、彼らと再び一緒になれるのだ、と彼は言っています」(カール医師)

 夢の中では自分が子どもの姿になっているということだ。

画像は「YouTube」より

●カール医師:気分は良いですか?

●リエブラさん:はい、確かに。

 この取材の3週間後にリエブラさんは亡くなった。

画像は「YouTube」より

 

■夢には“旅立ち”のような共通のテーマも 

患者は肉体的に衰えていますが、内面では逆にとても活気に溢れて生を満喫しています」(カール医師)

 カール医師は、死が近づくにつれて夢をより頻繁に見ていると指摘し、そして“旅立ち”のような共通のテーマがあると説明している。

 患者のポールさんは、夢の中で最愛の人から旅の準備をするように言われ、スーツケースの中に荷物を詰めている夢を見たという。まさにあの世へと旅立つ準備をしているかのような様相となる。そして死期が近い患者にはこうした旅支度の夢も多く見られているのである。

 また未解決の案件が夢に出てくることも多いという。

 患者のパトリシアさんは、亡くなった夫に伝えられなかったメッセージを夢の中で伝えたことで安堵したという。

「『あなたはこれを大事にしなければなりません。そうしなければ私は本当に怒りますよ』と私は夫に言いました。すると彼は微笑みました」(パトリシアさん)

 子どもの終末期患者の場合、親をはじめ“最愛の人”が誰も亡くなっていないケースもある。その場合、死んだペットが夢に現れてくることもあるという。

「死んだ私の犬の夢を見ています」と少女の患者であるジェシカさんは自分の夢について話す。ジェシカさんは今頃、あの世で愛犬と楽しく過ごしているのだろうか。

 どうして終末期医療患者はこうしたいくつかの限られたパターンで共通した鮮やかな夢を見るのだろうか。しかしカール医師はその“謎”を探求するつもりはないということだ。今後も彼らの“夢の記録”を続けていくだけであるという。

画像は「YouTube」より

「彼らが何かにとても深く感動し、涙と共に目を覚ます時、それは尊重されるべき出来事です」(カール医師)

 カール医師たちから提供されるこの数々の“夢の記録”から何か重要な発見がもたらされる日はやってくるのだろうか。死期が近い人がみる夢のポイントとしては、

・鮮明な夢
・心地の良い夢
・旅支度をする夢
・未解決の夢

 ということになるだろうか。カール医師たちには今後も興味深い夢の記録を集め続けて頂きたいが、「探求するつもりはない」という言葉も尊重すべきなのかもしれない。

※参考:「CBS Pittsburgh」ほか

文=仲田しんじ

編集部

コメント

4:匿名 2019年3月19日 23:12 | 返信

予期できるのはじわじわ弱る病気だけかな?脳卒中みたいな突然死や事故死は予期できないのか?できたとして死を避ける事はできるのか?

3:匿名 2019年3月18日 16:01 | 返信

※1
自分がどれだけ傍若無人で無責任で奔放に振る舞っていても、そのまま受け入れてくれるのは母親ただ一人だよ(毒親除く)。
恋人や配偶者や友達はそうはいかないんだ。
対等な立場だから相手を尊重しなければならないし、子供には責任を持たなければならない。
だから心から安らげるのは往々にして母親が一番であることが多い。
非リアや独身関係ないよ。

2:匿名 2019年3月15日 13:27 | 返信

1氏、独身は独身で豊かな時間を過ごせるよ。
恋愛に消耗しない人生は、やりたいことに時間もお金もエネルギーも使える利点があるし。

1:匿名 2019年3月15日 01:29 | 返信

死期に母親しか思い出せないような、
そんな非リア独身のまま終わりたくはない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。