【ガチ】最強すぎ…宇宙船を超高速でブレずに飛ばす“レーザー推進理論”遂に完成! 光ピンセット技術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 人類の悲願である“火星旅行”がグッと身近になるかもしれない技術が理論上は可能になることが最新の研究報告で示されている。長旅になることが避けられないと考えられてきた火星へのフライト時間が、なんと数日に短縮されるかもしれないのだ。

 

■レーザー光線を受けて超高速で進む“宇宙帆船”

 戦前の客船「浅間丸」などは太平洋横断航路を約2週間かけて航行したが、現在の東京(成田)=ロサンゼルス直行便のフライト時間は約10時間である。旅路にかかる時間が短くなることで双方の地に、より緊密な関係が生まれることは言うまでもない。

 今後の人類が宇宙に進出するにあたり、まず最初の“一里塚”は火星であるが、現在見込まれている技術で火星旅行にかかる日数は片道で半年程度ともいわれている。昔の船旅どころではない困難が待ち受ける宇宙旅行なのだが、ここに来てその負担が大幅に軽減されようとしている。なんと場合によっては数日で火星にまで到達できるかもしれないのだ。

 米・カリフォルニア工科大学の研究チームが先日、「Nature Photonics」で発表した研究では、一切燃料を必要とせずレーザー光線だけで物体を超高速で推進させることができる技術を開発したことが報告されている。この技術で目的地へと一直線に、ブレることなく進むことができるという。

「Science Alert」の記事より

 研究チームはこの技術が“超軽量宇宙船の軌道コントロール”、さらに宇宙探査用の“レーザー推進軽量セイル”にも応用できることを思い描いている。これが意味するのは、燃料を搭載せずに地球上から放たれたレーザー光線を“帆”で受けて超高速で進む“宇宙帆船”が今後開発できることが見込まれてくるのだ。

 いったいどのようなメカニズムなのか? 

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年3月30日 14:57 | 返信

仮に加速が出来たとしよう。減速はどうすんだい?

3:匿名 2019年3月30日 08:52 | 返信

例の『あの人たち』は火星までほんの一瞬でワープできる技術を持っているんでしょ?デービット・アイクの書籍で読みましたよ。
にわかには信じがたいが仮りに本当だと仮定して我々と『彼ら』との間にはそれほどまでに技術の差があるということだ。
『モルジェロンズ病』のような意味不明な病気を開発したのも彼らだと言われていますしね。
スピ系のような口だけのインチキ極まりない人たちとは違って彼らは非常に研究熱心ですし必ず有言実行です。スピ系やB層に比べれば『彼ら』の方が人としてまだマシに見えることは多々ある。
あ、そうそう、本屋に出回る無数の『嘘スピ』と違って彼らは数千年も数万年も前からスピに関しても徹底的に研究しつくしているのでますますスピ系の及ぶところではないということだ。

2:匿名 2019年3月30日 06:03 | 返信

前に隕石とかあったらどーするん?それにUFO的なの完成してるんだからそれ使えばいーだけなのに!いつまで反重力装置無いことにするの?さすがにもうとぼけるのはきついんじゃね?

1:トランプ大統領 2019年3月30日 04:42 | 返信

地球からレーザー撃って当てるのは大変ではないのか?
距離があればあるほど当たるまで時間がかかるので、障害物を避けて進むのは困難だと思うが?
そういえば、チョンが宇宙に行け!と言っていた時、宇宙への旅は片道切符だということを漏らしていたが、それに乗るともう帰ってこれないんじゃないか?どうやって戻るためのレーザーを撃つんだ?奴のことだ!出力を上げて、帆ではない場所にレーザーを撃ちこみ宇宙船を爆破するとか狙っているんじゃないだろうな?カチカチ山か?俺はタヌキではない!その手は食わないぞ!

コメントする

トランプ大統領のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。