恐竜好きな子どもはより賢いことが判明! 情報処理能力、言語運用能力に優れ… 一体なぜ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■大人が知らないことに熱中する体験

 いつの時代も、子どもたちの恐竜人気は衰えを知らない。バブル世代以上が『ゴジラ』に夢中だったとしたら、今の30代は『ジュラシック・パーク』にリアルタイムで熱狂していた。

 大人が知らない恐竜の名前をスラスラ言えたり、中生代と白亜紀の区分の違い、どこに生息し、何を捕食して、どんな姿かたちをしているか、たちどころに言い当てるのはイマドキの子どもとて同様だ。

恐竜好きな子どもはより賢いことが判明! 情報処理能力、言語運用能力に優れ… 一体なぜ!?の画像3
「Disclose.tv」の記事より

「自分のパパやママが恐竜の名前を2つか3つしか言えないとき、自分は20以上言えるという事実が、子どもに自信をもたらすのです」(ジョイス・M・アレクサンダー博士)

 関心のある事象にはとことんのめり込む性格に、「ウチの子、もしかして恐竜オタク?」と、内心穏やかでないママも、これで一安心となるはずだ。

参考:「Disclose.tv」、「CNN」、ほか

文=佐藤Kay

コメント

2:匿名 2019年4月2日 07:00 | 返信

小学生の娘が大の恐竜好きなのでこの記事は嬉しい
真実かどうかは別としてこっそりほくそ笑んでしまうね

1:匿名 2019年4月1日 17:58 | 返信

ここ半月ぐらいの記事の中では一番おもしろかった

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。